fbpx

認定者

SACHIKO(さちこ)

幼少期から明るく活発な性格の裏でどこか生きづらく自分を探し続けてきました。

無意識に今をよりよく生きる方法を模索し、人に合わせる、人が喜ぶことを選ぶことで自分の存在を確認していました。

2度の大きな病を経験し「自分は何者なのか」自分が分からず、好きになれない。

そして、心理学や様々な学びをしていく中でスピリチュアリティの学びにたどり着きました。
そして気づいたことは、今まで外に探していた答えが自分の内側にあること。

自分との対話に多くの時間を費やし見つけた答えは、どんな人の中にも輝く光があること。そこに気付けると生きやすくなります。
そして、目の前の世界が少しずつ変わっていきました。

その体験を伝えたい想いからセラピストを始めました。
生きやすくなる方法、楽しく過ごす方法を自分の中に見つけるお手伝いをしています。

そこには「あなたらしく」いられる最善があります。
周りを気にして本音で生きられない、そんな方を応援しています。

kanaiphoto

代表 叶礼美よりメッセージ

講座でSACHIKOさんの道のりを振り返ると、人が自身の本質的な力を想いだし、取り戻したときの強さ、そして発揮されるパワーの大きさについて言及せずにはおれません。すでにヒプノセラピストとしてすでにお仕事をされていらしたSACHIKOさんでしたので、深めるべきこと、すべきトレーニングをすぐに理解されたうえで、講義の吸収、グループワーク、ペアワーク、セルフワークについても、非常に密度の濃い、深度のある実践をしてくださいました。

その実践の範囲は、ご自身だけでなくご家族にも。日常的に応用くださった結果、ご家族全員が、劇的な変化を遂げていく。そのようすをうかがって、私もわがことのように嬉しく、ご家族を身近に感じるほどです。そうしてそれまではすこし遠慮がちにしていた幸子さんが、周りの人々に劇的な好転をもたらす太陽のような存在として、本来もつ力を一層取り戻していかれるプロセスは感動的でありました。

さらにその光は、受講グループのすみずみへも、広がっていきました。講座の意図を最大限、深く吸収しつくすように学んでいただいたことで、その吸収が難しく感じられているメンバーへも、ケアとサポートの羽を広げ、自信をもてるようにサポートくださいました。受講者としての視点だけでなく、運営、伝達し、トレーニングを提供する側の視点にまでご自身を拡張し、全体の習得度を底上げすべく、自主練習会のリーダーを務めるメンバーと共に力を注いでいただいて、結束や意識を引き上げる役を担ってくださいました。周りの人々の人生の質を引き上げていく、大きなお役目がいよいよ本格的にスタートする時期。心だけでなく、魂の領域までその範囲を拡張いただいたということでもありました。

SACHIKOさんご自身のセラピーのスクールの発展をお祈りするとともに、ぜひワンネス意識や教育の輪やスクールの運営にも引き続き関わりをいただけたら嬉しく思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加