fbpx

人生を変えるセミナー

2021年11月国際認定スピリチュアリスト祝祭|スピリチュアリスト紹介

こちらは国際認定スピリチュアリスト集中講座「祝祭」 ワンネスアカシックレコード体験会でリーディングを提供するメンバー・プロフィールページです。

ワンネスインスティテュートでは2009年にスタートした認定コースでは「卒業演習」、2017年にリニューアルスタートした国際認定スピリチュアリスト集中講座では「祝祭」として毎期ごとに卒業認定のイベントを行ってきました。はじめは誰でも自信があるわけではありません。「私にもできるでしょうか?」と体験会にいらした方たちが、6ヶ月という期間を共に学びあい、助けあい、癒しあい、磨きあってきました。どのような講座をとおして学んできたのか、下記に簡単にご紹介します。

国際認定スピリチュアリスト集中講座の道のり

スピリチュアル意識とサイキック能力開発講座

スピリチュアリティとは何で、人類の普遍的な本質であるスピリット(霊魂)・スピリチュアリティ(霊性)とは何なのか。ワンネスとはなにか。意識とはなにか。能力とはなぜ、何のために備わっているのか。それを霊的成長のためにどのように健全に開発し、活用していくことができるのか。世界のなりたち、そして全体像をクリアにし、本質の自己に備わる可能性を十全に発揮していきるには。意識、理論と実践をもってしっかりと実力を培います。

 

エネルギーマネジメント

目に見えない思考ー感情ー霊性の多次元的なエネルギーシステムを理解することにより、ふだん私たちの心身にエネルギーレベルで何が起きているかを正確に知覚し理解すること、過去しばしば成長過程でおきた出来事にねざした問題・課題を癒すこと、自他のあいだに健全な境界線を引きつつ、ネガティブな関係性や環境の中でも心身のコンディションと恒常性を保つ方法を身につけること、ようはエネルギーおよびバイブレーションを自分で調律しクリアなコネクションを維持できるようになること。

 

スピリチュアル変容心理学

信念体系や価値判断など障害を作り出す出来事と心理の仕組みを理解すること、過去に身につけた信念やジャッジメントを棚卸し、そのうえで問題の根本的な原因となった出来事、過去の困難な経験を昇華させる術をみにつけ、クライアントが無意識にもつ信念体系が自然と変容していくことで、問題であったことが問題でなくなる気づきを得られるーそのようなカウンセリングを、問いかけ、会話スタイルで行う方法を学びます。

 

ワンネスカウンセラー養成講座

国際レベルのプロのスピリチュアリストとして身に着けておくべき知識<宇宙ーワンネスーの仕組み、転生の仕組み、魂の進化の階層、魂の構造>を学び、アカシックレコードにアクセスし、今世に影響を与えている過去世の情報を捉え、より深い人間性と霊性の理解をもってリーディングカウンセリングする方法を学びます。

 

ミッションマニフェスト

自身の使命を明確にし、その使命を現実のものとするため活動・事業のありかたを明確にし、霊性という見えない領域を扱うにあたり、社会人として信頼される倫理を備えたプラクティショナー国際認定スピリチュアリストとしての在り方を磨く…

仲間と共にーグループダイナミズム

そのような講座プロセスを通して、混沌とした社会のなかで「本質の自己とは何か?真の目的とは何か?」真のスピリチュアリティ探究の道へと導かれた受講生メンバーは、数々の学び、癒し、浄化、変容、深い探究、喜びの体験を重ねてきました。

一人一人の人間性・霊性の飛躍的な成長

一人一人のもつ唯一無二の経験、強み、役割、使命。これらに気づき、生まれてきた意味に、深い確信を得る。そうして本質の自己を見出す喜びと軽やかさに包まれ、純粋な向上への魂の願いを胸に、自らのすべきことや進む道を知った人々の放つ輝きは美しく、感動的です。

国際スピリチュアリストの祝祭

この祝祭では、ワンネスインスティテュートで2021年国際認定スピリチュアリスト講座を修了したスピリチュアリストたちが、生命と霊性に関する深遠な理解に基づき、愛のある、地に足の着いた、スピリチュアルリーディング・コンサルティングお届けします。

今年参加された方々も多彩なバックグラウンドを持つ素敵なメンバーです。
子育てをしながら、ご自身の仕事もしながらトレーニングに取り組んでいる方、普段は会社で仕事をしている方、医療従事者として日々患者さんに向かい合う方、海外・国内で教育者として日々学校教育の場で子供たちや保護者を向かい合う方、 会社を経営しながら家庭を守っている方、家族を支えながら地域社会へ働きかけておられる方…、 既に施術家、コーチ、セラピスト、カウンセラーとしてお仕事をスタートされていて、スピリチュアリストとしての教育を統合してより一層ホリスティックなケアやサポートを提供する道を構築する方…

共通点

共通しているのは、スピリチュアリティは生命の根本、本質であるとの理解と確信と経験を礎にしていること、さらにスピリチュアリティについての誤解や疑問を解き堂々と価値を肯定し、誰もが安心して探究できる分野として成長し認知されるよう、これからも共に活動を続けていく仲間、成長し続けていく仲間であるということ。

そんな新しい未来を創る『スピリチュアリスト』の世界を体験しに、この先の人生の指針、ガイダンス、インスピレーション、アイデア、エネルギーを充填しに、ご自身の本質を祝いに、ヒントやさらなる理解を受け取りに是非ご参加くださいね。

受講生の皆さんもそうだとおもいますが、いまの世の中を生きている多くのひとが、さきの1年につづき、この1年もがんばり・ふんばってこられてきたことでしょう。これまでに様々な体験を潜り抜けてきたメンバーが癒し、深め、磨いてきた意識、霊性ースピリチュアリティの結実。ますます混沌としている現在を生きているからこそ、私たちの真の自己でありルーツであるところの「あなたの魂にまつわるインフォメーションやガイダンス」を、ぜひ受け取りにいらしてください。

多彩な経験やバックグラウンドをもち、ワールドクラスの教育をうけたスピリチュアリストが、真心・真魂から渾身のリーディング・カウンセリングセッションを行います。是非受け取りにいらしてください。

 

つぎに、混迷を深める世界を明るく照らし光を放っていくであろう、今期の国際認定スピリチュアリストのメンバーの皆さんを大きな喜びをもって、ご紹介したいと思います。
当日ご一緒するみなさまのお役に立てますように人生という旅が、いっそう輝きを深め、安らぎあるもの、喜ばしいものとなりますように一同、心をこめてリーディングを提供させていただきます。宜しくお願いいたします。

第5期 国際認定スピリチュアリスト集中講座 スピリチュアリスト一覧

あお

私は15年以上医療福祉の現場で働いてきました。
自分自身、家庭や仕事等での試練と思えるような事が沢山ありましたが、それにも増して、多くの苦難の最中にある方達と共に歩む経験から、根源的な問いをずっと抱き続けていました。

「なぜ人はこんなにも苦しみながら生きなくてはならないのか?
本当の幸せとは?
本来誰もが持つ輝かしい本質を、ありのまま生きられないのはなぜ?
今の医学では治せなくても、その人らしく真に輝いて生きるには?」…

家族の転機による引越しと退職を機に、色々探している時にこちらの集中講座に出会いました。
ワンネスや本質的な学び、サイキックの開発等、五感を超えた所での深く確かな理解が、世界を豊かに愛で満たし、広げてくれました。
その過程で、苦しみには必ず大きな意味がある事も多次元的に理解できました。
苦難を含めた人生の出来事は全て、あなたという祝福の道に予め配置された宝石だったのです。

そして実際に、自分に自信の無い人や自分を押し殺してきた人達に出会い、その方本来の輝きや本質をお伝えする事で、その方達が自分を思い出し、瞳にきらめきが甦っていく瞬間に立ち会わせて頂けた事は、とても嬉しい事でした。
人がその本質を思い出す時、瞳はきらめき、本来の人生の意味と輝きを取り戻すのだと実感しました。

そうやって、これから出会う方達皆が本質的な輝きで生きる事で、世界に愛と光が満ち、希望や優しさが増えていく事を願っています。そして人知れず苦しむ人達にその希望や優しさが届き、その人本来のきらめきと人生を取り戻すきっかけとなったら素敵だと思っています。

そんな願いから、ここで学んだワンネスの実践のために、”そよ風の仲間たち”というポータルサイトにも出店しました。ワンネスや素晴らしい仲間と共に、誰もが真に本質を生きられる”自分らしさの輝く風”を、世界や社会に送り続けていきたいと思っています。

あなたも是非、自分らしく人生を輝かせてください。もしお手伝いが必要なら、ワンネスの方達やそよ風の仲間たちに声をかけてくださいね。
ワンネスと共に、いつもあなたを応援しています!

国際認定スピリチュアリスト

 

ゆり

『木もれ日の中のような優しい居場所を作ること』これが私の使命だと思っています。

小さい頃から自分の感情を無視して周囲の顔色をうかがう毎日を過ごしていました。
社会人となり仕事をしていくうちに体調不良を繰り返し起こすようになり、結婚後、今度は夫が精神的に不安定となり退職、自分自身の仕事も忙しく体と心が疲れていました。

寝る前には朝が来ることが怖くて消えたいと思うようになり「どうして人は生きなければならないのか」その意味がわかれば踏ん張れるのではないかと考えていました。

夫が社会復帰してからも、生きることへの意味がほしくて、書籍やネット情報を探していたところ、ワンネスインスティテュートのWeb広告が目に留まり、メールマガジンを登録。
魂のこと、転生のこと、スピリチュアリティの様々なことが書かれていて、この出会いは必然なのだと確信をもち受講を申込みました。

講座の中のワークで、過去の母親との関係で傷ついた自分を置き去りにしていたことに気づくと涙があふれてきました。ああ、抱きしめてほしかったんだ、話を聞いてもらいたかったんだ、母に笑ってほしかったんだ・・・
この幼少期の欲求を認めていると、現在の自分を少しずつ受け入れられるようになり、私はこう思う、私は頑張ったと、気づけば自分を否定する言葉を思い浮かべることがほとんどなくなっていました。
自分の中の母との確執を解いたことで、心が穏やかに過ごせる日が多くなったのです。

小さなころに親御さんとの関係で傷つき、今も自分で自身を否定されている方
優しすぎて周囲の環境に押しつぶされそうになっている方
そして、今が辛くて消えたいと思っている方

過去を癒して本当の自分を生きませんか?もしよろしければ、お話を聞かせて下さい。

国際認定スピリチュアリスト

 

華(はな)

現在スピリチュアルカウンセラーのお仕事をさせて頂いております。
中学生の頃まで、父の病院・会社の経営破綻、家族の問題。結婚してからも子供のいじめや不登校、お金の問題、不妊治療、失明の危機、病気など様々なことを体験しました。

ある時、家族のスピリチュアルな能力が覚醒し、守るためにスピリチュアルの学びを始めました。
今までの辛かった人生は必要不可欠であった事、そして自分が過去世でヒーラーであったことを告げられ、導かれるように、この道で生きていくことを決めました。

スピリチュアルカウンセラーとして数々のイベントに出店し、お客様の人生に向き合ってきました。
そのうち自分のサロンを持ちお仕事をさせて頂ける様になり、お客様が笑顔になって下さり、自分が生かされている幸せを感じられる日々を送っていました。
しかし、サロンがコロナの影響を受け始め、対面重視で仕事をしていた私は自信を失っていきました。

そんな時、ワンネスインスティテュートに出会いました。私たちが体験することに何も無駄なものはなく、辛かった事や出会いたくなかったと思える人たちでさえ、今世体験し出会う必要があり、出会えた人たちとは、お互いに魂が成長するための仲間であったことが改めて腑に落ち理解出来ました。

すべてに感謝の気持ちが溢れました。過ぎてしまった過去から抜け出せない、まだ見えていない未来を心配して動けなくなっている方たちに、ご自分の魂の本質を知り、自分らしく魂が輝いて生きられるよう、幸せな人生への新たな一歩を踏み出せるように、お手伝いさせて頂けましたら幸いです。

国際認定スピリチュアリスト

 

akiko(あきこ)

私は、看護師として様々な方と出会い関わる中で、なぜ病になるのか、真に癒されるにはどうしたらよいのか、なぜ人は死ぬことがわかっているのに生まれてくるのかと湧いてくる問いの答えを探し求めていました。

そして、自身の生活においてもネガティブな感情から引き起こされる体調不良などを経験したことで、病になってからではなく、どの段階においてもスピリチュアルケアの重要性を感じていきました。

そして、導かれるようにこのワンネスと出会い、学びを深めていく中で、今まで疑問に思っていた様々なことが心の底から腑に落ちていきました。

そして、俯瞰して物事を捉えることができるようになったことで見える景色が変わっていきました。今までネガティブな体験のせいでと思っていたことが実は宝物であり、この世は愛に溢れているということに気づけたのです。
あなたは私、私はあなた。この愛溢れる世界で生きているという気づきへの一助となることができれば幸いです。

国際認定スピリチュアリスト

 

大城 有美(おおしろ ゆみ)

幸せの発信基地になりたいママの、家族のコミュニケーションエラーを解決する、大城有美です。

私は、システム関係の仕事をしながら、家事と育児を一人で担い、忙しさでいつもイライラしていました。
発達障害がある長男の行動・思考を理解できず、夫とも意思疎通ができず、夫婦関係が破綻しかかっていました。そんな中で三男を授かり、精神的にも肉体的にもぎりぎりの状態で三人男子の育児に突入しました。三男が生まれた意味は?私は何のために今ここで生きているのか?理由を知りたい強い欲求が心の中に渦を巻いていて、ワンネスの世界を知れば答えが見つかるかもしれないと思いました。

学びが進むにつれ、子供達の偏食が、実は私の「飢餓に対する恐怖心」が理由であることがわかりました。また夫も含め「立場が上の男性に対して自分の意見を伝えることが苦手」という状況は、過去生の体験が影響して、意志を表現できるか試される場面が何度もあったのだとわかりました。

すると、今までは心が波立っていた場面に出会っても、落ち着いて対処ができるようになったのです。子供が「こんなご飯食べたくないね」と部屋を出て行っても、落ち込まずにさらりと次の行動へ移れるようになりました。

自分には不幸な体験が多い、と人と比較して落ち込んでいた私が、今ではガイドからのインスピレーションを得て「幸せは自分でいくらでも創造していける」と確信し、前向きなアクションをどんどん起こしています。家族関係を立て直し、子供達とも笑いあって過ごせるようになり、毎晩布団に入ると今日も幸せだった!と思えるようになりました。

私の使命は、夫や子供との関係に不安、不満、閉塞感を感じているママが、自分の力を取り戻して、内側から幸せがあふれ出す人になることをサポートすることだと思っています。ぜひ一緒に、明るく輝く世界を創っていきましょう。

国際認定スピリチュアリスト

 

大竹ヒカリ(おおたけ ひかり)

私は3歳で小児喘息を発症し発作が出ると呼吸がとても苦しく「死んだら楽になるのかな?私は何で生きているのかな?」と思っていました。中学になると自然に治り何不自由なく普通に暮らしていましたが「私はなぜ生きているのか?」という疑問がずっと心の奥にありました。

社会人になり繰り返しの毎日に漠然とした不安がありました。でも「何をすればいいのか?私は本当は何がしたいのか?」がわかりませんでした。

ある日の通勤時に綺麗な色が並んだオーラソーマのポスターを見て一瞬で心を奪われました。天使の名前が付いたボトルや瞑想をしたりとスピリチュアルな部分にも興味をそそられました。
幼い頃からスピリチュアルな事に興味があったので(小学3年生の時にタロットの本を買い一人で占いを楽しんでいるような子でした)違和感を持たずにオーラソーマを習いました。
私はなぜかスピリチュアル関係は他人に言ってはいけないような感じがしていたので(過去世の影響みたいです)スピリチュアルに興味を持っている人に沢山出会い驚きました。
その後、レイキやフラワーエッセンス、ヒプノセラピー等、色々と習ってみましたが「私は本当は何がしたいのか?」は見つかりませんでした。

そんな時ワンネス講座を知り礼美先生の話を聞く機会がありました。説明がとてもわかりやすく引き込まれ「私が知りたかった事や疑問に思っていた事が学べるかもしれない」と感じ受講しました。
自分で蓋をしてネガティブだと思っていた当時の出来事を癒し、ポジティブな部分にたくさん気付く事ができ自分軸で物事に向き合えるようになりました。
そしてワンネス講座で学ぶ事を通してリーディングを安全に的確な表現でお伝えできるようになりました!

一人一人が自分が本当にやりたい事を知り、それを実行・努力する方向を一緒に見つけ、毎日楽しく暮らしていけるようにサポートさせて頂けたらいいなと思っています。

国際認定スピリチュアリスト

 

渋谷 春香(しぶや はるか)

私は、何のために生きているのだろうと漠然とした問いとともに霧の中を旅しているようでした。
その問いは、家庭を持ち安心感と愛に満ちた場所にしたいと願ったのになかなか叶わない、そして笑顔になれていない自分に気づいた時、さらに色濃くなりました。

そんな自分を変えたくて、心とからだを整えてくらすことを始めました。大好きだった伯母が突然亡くなったこともきっかけで、自分で何かを始めようと学習塾を開きました。そんなことが全て、このスピリチュアリティを学ぶことにどうやら繋がっていたのでしょう。

霊性を探求する中、世の中の事象は全て起こるべくして起きていること、全てが成長のための学びであることがわかりました。すると、心は愛と感謝に満たされました。
宇宙の法則、世の中の理を知ると、心が平になりました。
疑問だったことがどんどん合点がいき、パズルのピースをはめるワクワク感に変わりました。私は無力ではなく、できることがたくさんあると思えました。

そして今は、同じように、疑問を抱いている方、心がしぼんでしまった方、心豊かに美しく生きたい方のためにお手伝いができることを願っております。どうか喜びと光で溢れますように。愛と感謝の循環で。
ふんわり吹く風のように。あなたの本来の笑顔のために。

国際認定スピリチュアリスト

 

金井 智子(かない ともこ)

自分らしく生きたい方に魂の本質から人生好転をサポートいたします。
人と関わることが好きで、長年住宅のインテリアコーディネートに従事し、現在健康指導士の資格を取得して健康を扱う営業職をしています。

精神世界への入り口は、15年程前に3才年下の従妹を癌で亡くし、彼女が最後に読んでいた本がきっかけでした。人は自分で問題集を選んで生まれて来ることを知り、自分の使命を考えるようになりました。

6年前久しぶりに会った知人が主催する説明会で初めてヒーリングを知り、未知の分野に興味を持って受講。2か月半で100人無料モニターを達成。プラクティショナー仲間をつくり、様々の人生好転される方々にも出会うことが出来ました。潜在意識の可能性を知ることで、自分を信じる力もつきました。

「起こることはすべて良し。すべては最善の道に繋がっている。」が腑に落ちると、見えない力が後押ししてくれるような体験をするようになりました。

ワンネスインスティテュートに出会い、本質的なスピリチュアリティ・霊性の学びの集大成になりました。ガイドと繋がり、魂を探究することで使命や目的がわかり、内なる本質の自分で生きやすくなります。自分を整えることで人間関係も改善しました。魂の歴史を紐解き、自分らしく健やかで輝く人生を送るお手伝いが出来れば幸いです。このような進化向上の機会を頂きましたことを感謝いたします。

国際認定スピリチュアリスト

 

畔栁 郁子(くろやなぎ いくこ)

私は「何のために生きるのか」という問いを持って生きてきました。
私の母は、私を産んでから病気がちになり、小学生1年の時に、母の死を意識し、なぜ人は生きるのかと考えてきました。その母が、食事療法の結果、健康を少しずつ取り戻した事で、食への関心が湧き、栄養士を目指しました。栄養士の資格は取ったもののはじめは違う職に就きました。

そして結婚、出産、そして子育てをする時、習った栄養学では、子どもの発熱を下げる事が出来ない事がわかりました。だからこそ、東洋の栄養学があるのではと気が付きました。子どもが体調を崩した事がきっかけで、マクロビオティックを習い始めました。その中で、身体を整えていても、病が起こる事を感じ、心も整えたいと願い、この講座に出会い受講を決めました。

私は講座の中で、私の心の奥底で蓋をしていた重たい感情に向き合いました。私の小学校高学年時のいじめ、そして娘の小学校時の友達関係のトラブルを通して、人はなぜいじめをするのか、また私の家は自営業でしたが、父が廃業を告げた時、態度を豹変させ、根こそぎ物を運んだ人達を見て、人の欲深さを肌で感じました。これらの根底にある感情をさらに掘り下げてみました。
奥底の様々な感情に気付いてそれを癒やした時、ハイヤーセルフに祝福を受けました。

重たい感情達を手放した結果、いままでに起こった全ての事柄が、全て必要だったのだと感じています。そして日々の生活が楽しくなり、より多角的に物事を見られるようになったと感じています。

いままでの人生で学んだ、マクロビオティック、陰陽五行に沿った食生活を、サイキックセンスを使って、誰でも 簡単に自分の体に合った食品が手に取れる様に導きながら、人に伝えていくことを始めました。私は、人々の病になった原因を、身体と心の面で解きほぐし、病の捉え方を変容させ、食をどのように変え、どのように過ごすのか、心身ともに健全な状態に戻れるように、寄り添います。

国際認定スピリチュアリスト

 

近藤 妙(こんどう たえ)

私は18歳で出産し、子育てに追われ、何のスキルもない人間でした。息子が中学入学の時、きちんとした仕事につきたいと思ったのですが「履歴書に何も書けない自分」が、そこにいました。そこから必死にPCを学び、遅咲きの社会人デビューし、毎日が必死でした。歯を食いしばって仕事をし、真夜中、早朝に仕事のメールを確認するのは当たり前でした。

そんな時、非定型歯痛という原因不明の痛みに常時襲われるようになり、さらには、パニック障害、不眠にも悩まされるようになりました。症状を改善させようと、いろいろ試しましたが、西洋医学では効果がなかったので、目に見えないエネルギーやスピリチュアルの世界へと、のめり込みました。この学びを深めていくと、人のネガティブな思考が引き金となって、いろんな病気を引き起こしているという事を知りました。

でも、その苦しい出来事は「自分にとって必要だから起きたにすぎなかった」と気づける事ができると、自分の気持ちがどんどん軽くなっていったのです。

いつしか、この世界の仕組みがわかる!という感覚が出始めた頃、私の目の前に、ネガティブな思考をコピーし続け、自分自身で苦しみを創りだし続けている人が目につくようになりました。そのような人を見て、これでは、いくらヒーリングを受けても、効果はその場だけで、結局は元に戻ってしまうと思ったのです。

そんな時「人は自分で自分を傷つける。だから癒すのも自分だ」という事に気づいたのです。だからこそ自分を傷つけている思考癖に気づくことが最も大切だと思いました。私自身、それを意識しはじめたら、とても多くの気づきを得られるようになり、気づくことで、毎瞬、毎瞬が奇跡だと思えるようになったのです。

私は「この辛い気持ちをどう処理したらいいの?」、「この痛みをどうしたらいいの?」という人が持ち続けている思考癖、思い込み、執着に気づくサポートをし、自分の力で、それらをそぎ落とせる力をつけるサポートをしていきたいと思っています。

「気づきは魔法」です。誰かに依存するのではなく、自分で気づき、自分で癒して、心から自由で楽しいと思える世界を創っていける人を、私は増やしていきたいと思います。

国際認定スピリチュアリスト

 

滝 あや子(たき あやこ)

「お金」や「情報」を扱う世界で、長らくビジネスに携わってきました。恵まれた環境で、変化の多い刺激的な日々。しかし次第に、成長だけを追い求める価値観に強い違和感を感じるようになりました。ひいてはそもそも自分の仕事の意味、人間の生きる意味をなかなか見出せず、またそんな悩みを周囲にも相談できず…。原因不明の慢性的な体調不良も続いていました。

そして30代の最後、東京で積み上げてきたキャリアを手放し、対極にも思われる「自然とともに生きるスピリチュアリスト」として、大きくライフシフトをすることを決めました。

振り返ると若い頃から不思議な体験は多く、宇宙のエネルギーや人間の魂の仕組みについても誰から教わるでもなく直感的にふんわりと理解していたかもしれません。このたびワンネスインスティテュートでの体系的な学びを進めていく中で、その理解に間違いがなかったことを確認していくことになりました。自分自身がこの時代にこの場所で生まれた意味を、一つ一つ、ゆっくりと噛み締められたことが、何よりも素晴らしい体験でした。

現在、ホロスコープリーディングやライフコーチングを提供していますが、クライアント様のご相談事に対しても、断片的、表面的な解決策ではなく、より深い部分に響くアドバイスをお届けできるようになったように思います。

誰しも大切な人生の旅路の途中で、大きな転機や超えられないと思えるような壁(家族、仕事、病気など)に向き合うことがあります。そんな時、私は皆様に寄り添うサポーターでありたいです。必要な道しるべや地図を提供し、それぞれの本来の道へと自信を持って歩んでいただけるよう、真摯に向き合ってまいります。

個々の輝きが自然に発揮されることで、社会にも美しい調和がもたらされると信じています。そんな世界に少しでも寄与していきたいです。

国際認定スピリチュアリスト

 

たかはた あきこ

私はこれまでずっと、本当の自分をどこかに置き去りにしてしまっているようで、落とし物を探すように「自分探し」をしていました。

自分が幸せであること、自分を大切にすること、自分を愛することの意味が真に理解できず、一生懸命に生きるほどに、心が空っぽになって疲れてしまう…そんな日々の繰り返しでした。
繋がるものすべての幸せと安寧を心の底から祈る私と、家庭内の問題に日々疲弊する私とのアンバランスさ・矛盾に、何が間違っているのだろう??やっぱり私がだめだから??と、思考はますます自己否定に向かい、心はもがき苦しくなるばかりでした。

そんなとき、真の霊性の学びに出合いました。これまで曖昧で疑問だった目に見えない世界のこと・霊性の概念やそれに基づくことがスルスルと紐解けて、腑に落ちていく感覚がありました。
私の中にあった固く重たいものがひとつずつ、解き流れていきました。すると、目に写る世界の受け取りが変わり始めました。

それは結果として、自分の軸を取り戻し、自分を大切にすること、尊び愛することに繋がりました。
そして、遠回りのように思えたこれまでの私自身の経験は、どれひとつ無駄でも無意味でもなかった、私は今ここにいていい、そう心の底から思えたとき、どこを探しても見つからなかった「私」を認め見つけることができました。
探しているものは、いつでもそう遠くないところにあるのかもしれません。

この学びを通して、そう実感しました。本来の自分らしさで生きることを真摯に模索している人が、自分のちからで笑顔と喜びに溢れる日々を選択していけるお手伝いができたら、それは私にとって何よりの喜びです。
すべては優しくて、すべては大丈夫。ひとりでも多くの人が、そう実感できますように。

国際認定スピリチュアリスト

 

yuka(ゆか)

私は、子供の頃から自由に楽しく生きていきたいという思いを強く持っていました。
社会に出て働くようになってからは、やりたいことが分からず、職場やパートナーとの問題も重なり、病気になり長期間の入院を経験しました。そこで初めて自分が我慢して、気持ちに蓋をし続けてきて大きなストレスを抱え込んでいたことに気付きました。

病気を治していく過程で自分と向き合い始め、心と身体が繋がっていることを知り、入院中も導かれるように出会ったイメージ療法で治癒を高めたり、全てが繋がっているような不思議な体験をして、病気は治り、価値観が一変しました。

病気をきっかけに自然療法を学び、アロマセラピストとして人の身体のケアに携わる経験を経て、次第に人の目に見えない部分へと関心が移り、ヒーリングや自然農、占星術等の学びにより、自分への理解を深めていきました。

ワンネスでの学びを通して、過去の体験が今の自分自身に大きく影響していることを知り、自分を癒し過去の体験を癒すと、今まで自分が真実だと思っていたことが実はそうではなかったことに気付き、自分自身やできごとに対する捉え方が変わり、自分が捉われていたものから少しづつ自由になっていきました。

誰もが自分自身を幸せにする力があるということも大きな気付きでした。
自分の本質を知って、自分を理解し、癒し、受け入れて、誰もが自分らしく幸せに生きられるような世界になっていったらと思っています。

国際認定スピリチュアリスト

 

丹澤 圭子(たんざわ けいこ)

『人が生まれ生きる意味』を問うスピリチュアリストの丹澤圭子です。
中学から高校にかけて住んでいたロンドンで感じた孤独感、そこが私にとって精神世界・哲学的思想の世界への入り口でした。その後現在に至るまでに経験した自分の病気、子供の不登校、親の看取り、嫁姑問題、海外生活等々を通し、一人の人間として生きる意味を問い続けてきました。

なかなか答えを見つけられない中、ようやく出会ったスピリチュアリティの世界。私たちは宇宙的な理のもと、その破片(魂)として皆が壮大な進化の道をそれぞれのペースで歩んでいる。それを知り、この地球で魂の様々な段階にある人たちと相見える妙をやっと理解することができました。たとえネガティブに見えたとしても、皆がそれぞれワンネスの世界に向かって小さなステップながら精一杯の生を営んでいると知った時、創造の源とその意図するところに対し畏敬の念を覚えずにいられませんでした。

大事な人を失ったり、怪我をしたり、病気になったり、あるいは会社や学校で嫌な想いをしたり。なぜ自分はこんな目に遭わなければならないのか?そこには一人一人に用意された(用意してきた)宝、魂を磨くためのレッスンという大きなギフトが眠っているのかもしれません。

頭でっかちだった私に第6感的センスがあるのか甚だ疑問でしたが、ワンネスインスティチュートでのたった数回の講座でスピリットガイドと繋がる感覚を得ることができたのは驚きでした。そして、自分の顕在意識ではなく、彼らを信じることで、はるかに多くの情報を得ることができると知ったのです。

常に高次の存在と繋がると意識し、いらして下さった方が必要とする最善の情報を得ることにフォーカスし、その方が前を向いて生きていけるヒントをお届けできるよう、敬意を持ってセッションをさせていただきます。

国際認定スピリチュアリスト
NGH米国催眠士協会認定ヒプノセラピストおよびインストラクター
ABH米国催眠療法協会認定マスターヒプノティスト
英語講師
ビジネス翻訳家

 

出口 里美(でぐち さとみ)

私は幼い娘の死を体験し、人は何の為に生きているのか、生きることの意味、見えない世界を知りたく探し求めていました。いくつかの学びを経て、人が自分らしく生きることへの探求を始め、ワンネスインスティテュートの集中講座に出会うことができました。

今までの私は、自分に対する思い込みや自分を責める癖、亡くなった娘に対する罪悪感が自分で自分を苦しめていることには気づかずに過ごしてきました。講座中に、亡くした娘の想いを知ることができたことと、過去世リーディングから親と子の両方の立場を知ることができたことで、20年以上持ち続けていた娘への重く暗い私の想いを癒やすことができました。

主人との関係では、結婚当初からお互いが思っていることを伝えられず、すれ違いが起こっていましたが、主人のリーディングから普段は言葉には表さない主人の想いを知ることで、私は素直に自分の想いを伝えることができるようになり、25年間よそよそしかった関係が良い方へ変わっています。

過去を癒やすことで現実が変わる体験をし、これらの体験は初めて自分を解放させ、心は軽く、あたたかさがある状態へと変化しています。日々、浮かび上がる過去を癒やしていくことで、今では自分自身を覆っていた暗い色の膜が一枚一枚剥がれていくように感じています。

講座では、魂は永遠であり、全ての人が無条件の愛で導かれて生きていることを学びました。自分らしく生きられていないと感じている方が、人はどのような存在であるかということに気づき、その人らしさから生きられるよう、私にできるお手伝いが何かのきっかけになることを心から願っています。

国際認定スピリチュアリスト

 

FUMI(ふみ)

私は幼い頃から、人の気持ちに敏感な子供でした。これまで人の気持ちに寄り添うこと、穏やかな関係を築くことに注意を向けて生きてきました。
人と関わることは大好きなのですが、長時間の交流や人混みからひとたび、一人になると物凄い疲労感に襲われることもしばしばでした。どんなに人の気持ちを汲んでも、満たされることはなく、全ての人と良い関係になれるわけではない。

私はいったい何をしているのだろうといつも虚しさを抱えていました。そんなある日、隣人が怒鳴り込んできたのです。怒りに満ちた言葉、人格を否定するような内容に、ショックで頭が真っ白になりました。

この衝撃の出来事をきっかけに、益々これまで私は何をしてきたのか、何のために存在しているのか、これからどう生きて行けばいいのかわからなくなってしまいました。しばらく何もする気が起きず、途方に暮れていたときに、偶然、礼美先生の「365日実践メール講座」に出会いました。

なぜか私はこの講座で学ぶことで答えにたどりつけると思いました。ワンネスでの学びから、出会う人々、起こる出来事の全ては気づきを与えてくれるギフトだったのだと思えることが出来ました。これまで厄介にしか思えなかった、敏感なところも私の大切な宝物だったのだと気づけました。

これからは人の気持ちに寄り添うだけでなく、自分の気質を生かして、問題や悩みを抱えた方々が、既に持っている素晴らしい宝物に気づき、本質の自己で軽やかに人生を歩んでいくことができるようになるためのお手伝いができたら幸せだと思っています。

国際認定スピリチュアリスト

 

まさこ

幼少期はハードモードな環境で過ごし、生き延びることを最優先にする生活を送る。高校卒業後は大手企業OLとして勤めた後、看護師の道へ。

子育てに悩んでいた時、偶然参加した児童虐待研修をきっかけに封印していた子供時代の虐待体験が甦るようになり、子育てにまつわる悩みが幼少期の体験に関係していたことを理解する。そして、幼少期の体験を癒すために、通信制大学で心理を学びながら、心理セラピーのトレーニングを受ける。
ちょうど、その頃母が他界。葬儀後の父の一言がきっかけとなり怒りの感情が噴出。お互いのために父との断絶を決める。その間、心理セラピーやセルフワークを行なうことで癒しを進めた。また、レイキヒーリングを学び、実践。

看護師として20年程経った頃、職場での業務量の増加、職責としてのストレスから自己免疫疾患を発症。完治困難と言われる。
心理を学んだ経験からこれまでの生き方の癖が病気を招いたことを理解。そんな時に偶然手にした雑誌のホオポノポノの特集記事を読み、心の奥に光が射しこみ癒される感覚を味わう。それを機にありがとうなど4つの言葉を唱え始める。そして、1年半後には病気が完治。

また、10年断絶していた父とあるきっかけを通して、もう不測の事態は起こらないと確信し、再会する。ほどなくして遠距離介護支援が始まり、現れてくる感情体験を日々クリーニングしながら、8年後父の最期を見送る。
一時は父が死んでも会わないと決めていただけに、私にとっては奇跡であり、福音と呼べる体験となった。これらの体験を通して、幼少期の体験がいかに人生に影響を与えるか、自分自身の過去の体験を浄化していくことで動かせないと思うような現実さえ変えることができることを実感。

また、その後も心理セラピーやエネルギーワーク、スピリチュアルな学びを深め、そのプロセス中での神秘体験を通して、人は宇宙そのものであり、私たちの内面が現実を創り出していること、過去を愛と感謝で受け止めることができれば一瞬でこの世界の在りようが変わることを理解する。

現在は心身の不調やネガティブな現実は、自分らしい人生を取り戻すための回転扉をモットーに、ヒーリングセッションや講座を行なっている。来談される時は重々しい表情でも帰る時には自らの可能性に気づき、自己愛を深めながら、より自由で自分らしい豊かな人生を歩まれているのを見るのが何より嬉しく励みにもなる。この世界にそんな人たちが増え、平和で自由度の高い世界となることを目指している。

国際認定スピリチュアリスト

 

宇佐木 洋子(うさき ようこ)

私は二人の娘をもつ、シングルマザーです。私の大きな転機となった出来事は今から14年前、次女が小学校入学を迎えた夏休みのある日、簡単な置き手紙を残して夫が失踪。
周りはいつもと同じ日常で、我が家だけが違う世界へと連れて行かれたかのように生活が一変しました。

夫のいない現実を徐々に受け入れながら、子供の不登校やいじめ問題、時には周りに支えられながら不安を抱えながらも、ただ前を向いて生きてきました。
一番辛かった時は毎日スピリチュアルな本を手にし、答えを探す時もありましたが、ようやく自分の事を探求する方へと流れて行くようになり、導かれるようにワンネスインスティテュートに出会い、沢山の気付きから次第に自分の本質へと意識を向けられるようになりました。

過去の否定してきたネガティブな感情や出来事も、すべてが必要な学びだったのだと理解が出来、同時に癒していく事で内なる自分が喜び、心が安定していく幸せを感じています。

今までの経験を活かして、私のように誰にも相談出来ないで頑張っている人。不安を抱えて苦しみの中にいる人。そんな人たちの心が、少しでも軽くなれるような寄り添ったサポートをしていきたいと思っています。

誰もが自分らしさを理解して上手に活かしながら、きらきらとしあわせに過ごせる毎日へ…。どうぞよろしくお願い致します。

国際認定スピリチュアリスト

 

Ayana(あやな)

『 本当の自分がわからない人の、「主体性を持って生きたい」という想いを叶える 』
『 自分の中にある素晴らしいギフトを、愛と癒しで解決する 』、
『 Ayana 』です。

私は、いつも他人と同化してしまい、自分の意見がなく、地に足のつかないフワフワした人生を送っていました。

退職後、原因不明の無気力感で半年間ほぼ寝たきりの状態となり、藁をも掴む思いで自分探しという名の海外生活を送るも、自己の本質とは巡り会えませんでした。          

どこに身を置いても、出逢いがあっても、孤独を感じる日々が続きました。経験は増えていくものの、それでも自分には何もない、次は何をしたらいいのだと外に答えを求め続けていましたが、2019年に名前のルーツがある東アフリカとインドの旅を終えた際に、日本でやるべきことがあると直感的に思いました。
そして、自らの出来ないという思いを跳ね除け、学びを実現するための行動に移すことができました。

父との関係において必要な癒しが毎回のように課題として出てきては向き合う繰り返しでした。また、パターン化された人間関係にも気付き、他者と自己の分離が必要なことにも気付けました。

サイキックセンスが私にもあることに気付き、自分を信じることの大切さを認めることができました。そして何よりも、心をオープンに出来る素晴らしい仲間に出会えた喜びが講座の回を重ねるごとに増し、ここまでの経験すべてが財産であったことを受け容れることができました。

クライアントが持つ素質や才能、可能性についての相談を多く頂きました。本心ではそうしたいと願っているにもかかわらず、勇気が持てない、自信がないと思いを打ち消していましたが、セッション後には直感力が上がって前向きでいらっしゃるという嬉しいお声も頂きました。

『いま一歩踏み出す勇気が出ない悩みをもつ 後押しをして欲しい人の 心軽やかに羽ばたく サポートをしていきます』

常に今ここでできることに目を向け、最善を尽くし、平和で自然と調和する世界にしていきたいです。

国際認定スピリチュアリスト

 

宮澤 智子(みやざわ ともこ)

教育現場で日々の出来事に取り組みながら、結婚、子育てと多忙な日々を送ってきました。27年が過ぎた頃、今までの自分の人生に向き合わざるを得ない出来事が起きました。

それは、娘の不登校、引きこもり、心の病と同時に持病のアトピー性皮膚炎の激烈な悪化。家族と離れて田舎の病院に入院し、治療と同時に内観することで、自分の中の「~すべき」に気づきました。答えは自分が持っている、外に求めるのではなく内側に静かに深く入っていくこと、自分を癒し受容することで人を受け入れることができる。世界が一変して、シンプルに鮮やかに見えだしました。

そんな時、ワンネスインスティテュートに出会いました。学びを深める程、それは確信になりました。人が自分の本質に気づき、自分で不を手放すことができるように寄り添いながら手助けをしたい。生活に違和感や息苦しさを感じている方が縛りから解き放たれ、自由な心のままに望まれる生活ができるようにサポートができたらとても幸せに思います。

国際認定スピリチュアリスト

 

瑠衣子(るいこ)

私が、分かりやすく丁寧に、クライアントの課題や解決したい悩みなどを一緒に紐解いていくことができるのは、私自身も、内に秘めた感情と共に様々な経験を乗り越えてきたからです。

幼少期に人から拒絶されたことから、ずいぶん長い間自らを他者と切り離して輪の中に入らず、自分は変わっているんだと孤独を選んできました。しかし、戻らぬつもりで渡った世界で、何よりも自分を一番大切にする生活で見つけた、青空に輝く太陽と雲、緑豊かな山々、そしてキラキラと水面に反射する光と共に、ふわりと丸ごと包んでくれる風を感じ、あぁこれだ…私が忘れていた幸せはと、自分の外側の世界に何かを求めるのではなく、自分を知ろう、自分が変わろうと、本来の私らしさを取り戻す新たな旅が始まりました。

スピリチュアルカウンセラーとしての本質の学びを深めていくと、クライアントが今まで自らを護るために誰にも話せなかったことや、解決できなかったことなどを聞かせてくれ、やさしく自責を解放していくきっかけをサポートできるのだと分かりました。

人には、それぞれ癒しが必要な過去があり、それらを今の感情に寄り添うことで課題を明確にしていき、想像を超えた気付きや、本来の内なる可能性を思い出して、自らの力でその人らしい人生を歩んでいける導きとなれたら、共にこの世界で生きる喜びを与え合うことができると確信しています。

国際認定スピリチュアリスト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事