fbpx

コラボセミナー

医師主宰のNPO「ほぁ~がんサポートネットワーク」にて講演させていただきました

イーハトーブクリニック院長 萩原優先生主宰の「ほぁ~がんサポートネットワーク」にて講演させていただきました。

 

Contents

第155回 定例会

がんの患者様やご家族様、がんに関心のある方、西洋医学に囚われず、回復力を取り戻すことに関心のある方のためのNPO「ほぁ~がんサポートネットワーク」での講演の機会をいただきました。

 

人生を癒すスピリチュアルアプローチ

リーディングという手法を用いて、その問題や症状を生み出している原因が何なのか、その方の肉体面、感情面、精神面、霊性の面から読み解いていきます。そして現在の状況がより望ましい方向に変化していくには何に焦点をあてればよいのか、癒しのヒントと道のりをお伝えします。

後半には、英国で保険適用の自然療法、天然石を用いた鍼療法、フィンランドの雑誌にも取材を受けた、クリスタルアキュパンクチャーによるミニ・ヒーリングセッションを、4人のセラピストにより、提供させていただきます。

スピリチュアルリーディング・チャネリングの手法と種類について詳しくはこちら

 

英国保険適用の自然療法・パワーストーンセラピー

ほんの少しの時間となりますが、バイブレーショナル・メディスン(波動医療)の一つであるパワーストーンセラピーをご紹介させていただきます。英国で健康保険が適用されている自然療法 『クリスタルアキュパンクチャー』『テラグラムセラピー』パワーストーンセラピーの施術が始まると、開始後1、2分で深いリラックス状態に入ります。このセラピーでは、肉体、感情、精神、霊性の各層へバイブレーショナル(波動)に働きかけることで、パワフルで変容性の高い、深いヒーリングが可能となるのです。

 

 

英国出身で英国王室を顧客にもつ活躍した霊媒で米国在住の統合医療のマーガレット・ロジャース・ヴァンクープス博士が、30代で遺伝性のパーキンソン病を発症した際、高次の存在から直接教授されてできたクリスタルアキュパンクチャー・テラグラムセラピーTM

 

クリスタルアキュパンクチャー

セラピー用にカットされたクリスタルで全身に走る「経絡」「ツボ」をトリートメントします。この施術が始まるとクライアントはすぐにアルファ波(深くリラックスした状態)に入ります。 クリスタルを通してヒーリングエネルギーが「経絡(全身をめぐる光のネットワーク)」を流れ、全身を瞬時に巡り、5つのボディ(肉体と4つの微細体)のエネルギーがシフトします。クリスタルを通って流れるエネルギーが細胞を通り、肉体・感情・精神・霊的レベルに蓄えられてきたブロックやネガティビティ、痛みを外します。これにより細胞が健やかで整合された状態に戻り、全身のエネルギー活性化することで本来ある状態に導き、ヒーリングが起こります。

 

テラグラムセラピー

人の健康の鍵である「エネルギーの源」、チャクラを効果的にトリートメントします。テラグラムは、各チャクラに対応した色のメノウのスライスを置き、バランスを崩したチャクラを回復し、健康で最適な回転に戻します。これにより不快さや不調をうみだしているさまざまな緊張、ストレス、痛み、感情、ネガティブなエネルギーを手放し、心身魂ともに、心地よい、穏やかで健やかな感覚を取り戻します。

痛みのあるところにテラグラムを貼り付けておくだけで、緩和したり、不快な感覚が消えたりしますので、本当に驚かされます。
テラグラムをチャクラの上に置くと、それぞれのチャクラのエネルギーの流れが活性化して、回転速度が速まります。そして、強いエネルギーの渦が形成され、体内で回転しながらネガティブなものを放出します。ネガティブなものの侵入を防いだり、放出したりするだけでなく、テラグラムを用いてリラックスすることで、混乱を鎮めることも可能です。

 

コアテラグラム・セラピー

蓄積されたネガティブなエネルギー(不安、悲しみ、恐れ、批判、罪悪感、恥、怒りなどのネガティブな感情や記憶)を全身のチャクラから解放する手助けをします。(本日はミニ体験のため、クリスタルアキュパンクチャー、テラグラムセラピー中心)

 

 

一般社団法人国際生命意識協会・ワンネスインスティテュート・代表プロフィール

代表理事 叶礼美

代表理事 叶礼美

スピリチュアリティ教育の専門家。カリフォルニア州でスピリチュアリティのスクールライセンス認可登録を受け、日本を拠点に、国内とヨーロッパで毎年講座を開講。これまでに14国籍の3700人の人々に感動を伝えている。

 

スピリチュアリスト・スピリチュアルカウンセラー・セラピストの養成講座、セッションなどを行なうかたわら、生命の一体性、スピリチュアリティを含め全人的なアプローチに理解ある医師とも協働。クリニック、医師主宰の勉強会や学会などでも講演やワークショップを行い、生命の本質としてのスピリチュアリティ啓蒙活動を行う。

 

セラピストプロフィール◆大矢祥子

私がスピリチュアリティを学ぶきっかけとなったのは17歳の次男の病と死でした。

悲しみの中にいた私に次男は天国からある一編の詩を通して「いのちいっぱいに自分の花を咲かせて幸せに」と言うメッセージをくれたのです。その後本格的にスピリチュアリティーを学び始め、その真実を知った時、今まで疑問を感じていた全ての事が腑に落ちたのです。

 

何故若くして亡くなってしまう理不尽な死があるのか、ハンディキャップを持つ人生の意味は、それらの答えが全てそこにありました。そして学びが深まるにつれこの感動をたくさんの人々に伝えたいと思うようになりました。

 

私は今、ワンネスインスティテュート認定メタフィジオセラピスト、国際認定スピリチュアリストとして活動しています。

自分の本質を生きようとする時、人は湧き上がる喜びを感じます。かつての私がそうであったようにどんな状況からでも立ち直り幸せに生きることができるのです。喪失感や孤独感に悩む方が活き活きとその人らしく幸せに生きられるよう力になることが今の私の喜びです。

 

大矢祥子 光とともに https://www.hikaritotomoni.jp

 

セラピストプロフィール◆谷 雅恵

幼少期からの自信喪失。“駄目に思う自分”を変えて貰いたいが為に、人の言いなりになってしまいました。その末に癌を発症。

かつての私は、こんなに幸せな気持ちで過ごせるようになるとは思っていませんでした。

幼少期からの自信喪失。“駄目に思う自分”を変えて貰いたいが為に、人の言いなりになってしまいました。その末に癌を発症。

 

そんな時に礼美さんやDr.マーガレットのスピリチュアルな学びに出会い、ワンネス(一体性)を知り、新たに人生を学び直する旅が始まりました。

 

“様々な事象、自分や人の深い所を理解していく事” “自分の周りに付けてしまった要らない観念やエネルギーを手放す” などを通して癒され、安心し自分を取り戻していく事が出来ました。

 

沢山の大変に思える体験を経て得た“宝”や、サイキックセンスを使い、問題を解きほぐしゆったりと癒しながら本来のご自分に戻るお手伝いをさせて頂いています。

 

2011年〜 メタフィジオ・セラピスト、パワーストーン他
2016年〜 国際IFAアロマセラピスト
東京サロン(池袋近く)、富山、フィンランドにて活動

Aroma & Stone Healing Saron  Emana Tree エマーナ ツリー
http://www.emana-tree.jp/ 谷 雅恵

 

セラピストプロフィール◆高木 みなこ ヴィーナス

 

「この臓器を切り取らないと死にますよ」と告げられたとき、ほんとうの私に戻る旅が始まりました。

 

高校や大学で教壇に立ちながら人生相談・進路相談をしていましたが、からだをこわし、無理する癖に気づきました。「この臓器を切り取らないと死にますよ」と告げられたとき、ほんとうの私に戻る旅が始まりました。

 

「優しさと洞察力がある」「アドバイスが的確」「声にふしぎな力がある」と喜んでいただいて、高校や大学で教壇に立ちながら人生相談・進路相談をしていましたが、からだをこわし、無理する癖に気づきました。「この臓器を切り取らないと死にますよ」と告げられたとき、ほんとうの私に戻る旅が始まりました。

 

からだの細胞の意識を感じ、魂の声に耳をすまし、土や植物に触れ、月のリズムと調和した生活に変えました。代替医療、食養生、宇宙のしくみ、スピリチュアリティを学ぶと、自然体で生きられるようになりました。今は病院とは縁がありません。(ブログのプロフィールなどに綴っています)

 

そして、かつて封印した力も戻ってスピリチュアルカウンセラーとして蘇りました。

 

魂の声をききながら、心とからだを整えるお手伝いをさせていただきます。

 

カウンセリングのほかに、未来の宇宙からきた倍音楽器シンギング・リンによる調整、ソフトな運動刺激だけの整体、パワーストーンセラピー、おからだに触れて細胞の記憶をひき出す施術、お電話による遠隔バランス調整などもご提供しています。武蔵小杉を中心に、出張も承っています。

 

高木 みなこ ヴィーナス
ブログ:http://ameblo.jp/venus-amica
「ほんとうの自分を取り戻すスピリチュアル整体」

 

セラピストプロフィール◆Eriko(えりこ)

一人一人が本来の自分自身を愛し認め、個性を慈しめるようサポートしたい

 

国際認定スピリチュアリストのEriko(えりこ)です。私は、小さい頃から人一倍周りの出来事や人の気持ちに敏感でした。そのお陰で沢山の深い感情を体験してきました。

これらの経験は、他者の奥底にあるありのままの感情を受け止め、理解するための器を形成する助けになりました。悲しみも、憎いと思ってしまうその感情さえも許し、認めていいよと伝えられるための出来事だったのかもしれません。

 

私が自分の辿ってきた道を振り返り、自己探求を進めていくにつれて、私は私を知らなかっただけ、知ろうとしていなかっただけ・・・本当の自分のすばらしさ、思いに気づいた時、ようやく祝福されたような気がしました。「私として生まれてきて良かったのだ」と思えるようになりました。

 

一人一人が本来の自分自身を愛し認め、個性を慈しめるようサポートしたい。何かにならなければいけないのではなく、自分を生きる。日常の中にあふれている喜びや愛に気づき、毎日をより自信を持って生きられるよう、深い共感力をいかしてお手伝いしたい、という思いで活動しています。

 

Eriko(千葉、東京)
https://rainbowhill219.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事