Rev.REMI-旅する魂のスピリチュアルBlog

地球と宇宙を旅する魂のつれづれエッセイ、スピリチュアルメッセージ
Jul/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
クリエイティビティ、ビジュアライゼーション、シンクロニシティ、そして「現実化」
クリエイティビティ、ビジュアライゼーション、そして「現実化」について、お話します。
右脳&左脳のつかいかたのお話でもあります。



クリエイティブなことにフォーカスしているときは、本当に楽しくて、花火みたいに脳の中に次々と点火がおこって、いろいろなアイデアが浮かびます。

そういったアイデアを「現実化」するときに必要なのが、ビジュアライゼーション(視覚化)です。

私は以前、学生時代に2回、社会人になってから1回、写真の展示をしたのですが、何かを展示するときなどは、先にその完成図というかビジョンが浮かびます。
アイデアが浮かぶと、紙面に図を描いていきます。

そのアイデアをビジョンにしたものを作りだいたいの大まかなビジュアルコンセプトが出来たら、もうすこい細かいディテールを書き込んでいきます。

さらに、具体的な会場(や画面)の見取り図をつくり、このサイズの枠がこのあたりにきて、このへんに言葉がきて、この写真がこう並ぶ。必要があれば長さや幅、高さを実測して、紙面に落とし込みます。準備する必要のある展示物のサイズや見え方、デザインなども浮かんでくるので、紙面に落とし込んでいきます。

音楽はこういうものが鳴っていて、感じられる雰囲気がこういう感じ。視覚(ビジュアル)だけでなく、聴覚(オーディオ)、そこにいて感じられる感覚(サイコメトリーですね)なども湧いてくるので、それをメモします。そしてその全体が接した人にもたらす影響も、分かります。

※ここで、ワンネスカウンセラーの生徒さんむけの説明ですが、「魂の構造」で言うとこれはスピリット体のコーディングが「高次の感情」のタイプの人に多く見られます。とてもサイキックな人は、しばしばビジョンや、出来事の実現のされかた、意味、理由、もたらす感覚などを、先に体感します。

もう6,7年前のことになりますが、親の手伝いで、住宅展示場の特設広場に小さな庭をデザインしたことがあります。親がやってみろというので、庭なんてデザインしたことないし・・・と何度も躊躇したのですが、それでもいいからやってみなさいというので、引き受けました。

私は測量や計算など全くできないので、まず現実的にどう見えるかを3Dで確認するために、白い紙とはさみとセロテープを使って、縮尺模型を作ることから始めました。夕方から始めて夜までかかったと思いますが、ひたすら紙を切って、工作・工作・・・出来上がった状態がこう見える、というビジョンを、実際の小さな模型にしていきました。

作り始めると、さらに全体像から踏み込んで、細かいところが明らかになってきます。ある個所ができると、ここにこのサイズでこの高さで、こう見えるべき造形物がある・・・

そのときは、癒しの庭というテーマで、浮かんだビジョンを形にしてみました。
円形のとおりみちがあって、真ん中にシンボリックなレンガの台と鉢植えの植物があります。入り口からこのシンボルツリーが見えるのですが、入り口ゲートには左右対称の白っぽい砂岩レンガの台と、植物があります。周りには木があって、オレンジの木が実をならせて、ハーブが植えられ・・・

実際に、会社のスタッフさんが、その時期入手できる植物やレンガや鉢を取り寄せて、施工してくれました。数日間のイベントのためのガーデンで、気候、植物の育ち加減、季節、短期間などという厳しい条件下で、理想の姿が完全に思った形で即座に実現するわけではないのですが、この模型を作っているとき、自分のアウトプットのし方に特徴があることに気づきました。

このプロセスは、写真の展示や、平面や立体など何かをデザインするときも、プロジェクトを創りだすときも同じなのです。

最初におおまかなビジョンが浮かび、それをどんどん具体的に、詳細まで、定義していきます。全体から詳細を導く演繹法と、詳細から全体を積み上げていく帰納法があるとするなら、全体から詳細を導きだしていく演繹的なプロセスが最初にあります。

そういった右脳をつかったクリエイティブなプロジェクトには、必ずそのときそのときで何らかのテーマがあります。

人とは何か。自分とはなにか。何かを信じる心とは何か。人の内側から放たれる輝きとはなにか。そういう興味や関心、さまざまな感性や体験が、探究と表現に向かわせる原動力であるわけです。そして、こういうことが現実化したらすごく楽しいな。このような景色が見えたらすごく楽しいな。それを形作っていくと、エネルギーがどんどん湧き出て、さらにワクワクしてきます。

こういうときは眠るのもおしいというか、睡眠時間が少なくても全然OKなほどエネルギーが湧いて、食べるのも忘れてしまいがちです(^^;)・・・いけないいけない。

この脳内スパークが始まったら(別のいいかたをすればクリエイティブ・チャネリングですね)、しめたもの。思い描いたものを、細かいところまで精密にシミュレーションし、自分の脳の中で「現実化」していきます。

逆に言えば「現実化できる」ものは、クリアに、活き活きと現実感を伴ってビジュアライズすることができるのです。その間、アイデアや思いついたことはメモし、必ず紙面に落とし込みます。

(書きながら、浮かぶパーツ(部分)を合わせていくとそこに全体が現れることもあります。シンボルマークのデザインなどはそのようにして手に任せます。)

そうすると、そこに描いた状態を現実化するために、

・何が足りていて
・何が足りないのか(たとえば人、タイミング、予算、材料、時間、技術など)
・何を補えばよいのか 

などがクリアに分かり、さらに、そのプロジェクトなり絵が明確に具体的になります。(NLPで言うと、”絵が明確になります”といった表現をするタイプの人のことをビジュアルタイプと言いますね^^視覚優先の学習型です)

そうすると、描いたものが、

・長期的に達成可能なのか
・短期的に達成可能なのか
・短期的には無理でも中・長期的になら達成できるものなのか

などが分かってきます。

その段階で、現実となるまでのステップや展望も明確になってきます。

そうすると、今度はまずいまの時点で

・クリアにすべきこと
・フォーカスすべきこと
・補強すべきこと
・行動すべきこと
・準備をしながら待つこと

など、やるべきことの詳細がはっきりしてくるので、もやもやと悩む必要はなくなります。

これらのプロセスで、たくさんのシンクロニシティが起こるのですが、これは偶然ではありません。スピリットが本来の目的に沿って動いているときは、シンクロニシティは当然のこととして起こります。

逆に、シンクロニシティが起こることでサインに気づき、それによってまた、自身がそのときの最善の方向へ向かっているのだということを知ることができます。

ほかに、ビジュアライゼーションの例といえば、20歳のときに、いまの主人に出会いました。その頃彼が、将来結婚すると言うので、ハテ本当にそうなるのかなと思い、自分の未来の姿を見てみたことがあります。すると楽しそうに暮らしている自分の姿が見えました。

それまで、誰かが「結婚」の話をしても、将来の自分のビジョンはあまり楽しそうにしていないか、未来そのものが見えない、というものでした。つまり、その可能性はなかった、ということです。見えたものにたいして自分が「ぴん」と来ないので、その未来(選択肢)に向かって行動しないわけですから、結果的に現実化しなくて当然です。

それがわくわくするものなら、自分の見えたものを信頼して、素直に行動することが、本当に物理的な状況で現実化するための鍵となります。こういった本当に人生の大事な局面ではスピリットガイドが必要なビジョンやサインを見せてくれます。

しかし、こういう未来が見たい見たいと思う執着心やエゴが強いと、幻想を見てしまうこともありますのでご注意〜!^^

ポイントは、どうしてもこうあってほしい、こういう状態じゃなければいやだ、といった執着を手放し、自分自身を「中立」の状態にし、あるがままを受け入れる態度をもって未来を見ることです。

怖れや不安が強すぎると、せっかくみえたビジョンを疑ってしまったり、先延ばしにしすぎて前に進めない、ということもあります。ですからこの場合も、中立的に、あらゆる可能性に心と頭をオープンにして、あるがままを受け入れることが大切です。何事も中庸、バランスが大事なわけですね!

ところで、秋〜冬頃にたのしいことを考えています。何年も前から、このアイデアがあってビジョンが出来ているプロジェクトがあるのですが、最近になって、必要なパズルのピースが集まってきているといった感じです。

というわけで、今年〜来年も、既成の枠にとらわれず、スピリットが選ぶ道をたのしんで描いていきたいものです。

そして、ここまで描写してきた全体のプロセスが、

右脳(ビジョン・全体像)に始まり、左脳(分析的・詳細)へ

と移行してるのがお分かりいただけるでしょうか?

サイキックセンスを使うと、答えが先に出て、その理由はあとからきます。
クリエイティブな表現も同じなんですね。

ビジョンやイメージ、直感をつかさどる右脳が最初、論理や分析や検証をつかさどる左脳が次。

最後に「ビジュアライゼーション(視覚化)」と「リアライゼーション(現実化)」のプロセスの邪魔になるものは、「ネガティブな条件付けやマイナスの記憶」「不安や怖れ」です。

というわけで、この部分をクリアにしておくことがとーーーーっても肝心です。
この重要性と実践については、講座でも、もうみなさん耳にタコができるほど聞いてくださってますので、ブログでは繰り返しませんが、ココが肝心要のキモなんですネ☆

シークレット、現実化の「秘密」は秘密ではありません。ここがクリアにならないと、どんなに「考えたことは現実化する」と思いこんだとしても、現実化しない…そのことのほうが秘密というか、本当の「キモ」かもしれません。

そしてもうひとつ大事な「キモ」があります。

自分の思い描いている像が、スピリットの目的に合っているか。本質の自己が望んでいる姿であるかどうか。これは、実はものすご〜く大事なポイントです。それについてはまた別のところでお話していきましょう、機会があらば。

既に十分長くなってしまいましたから☆

というわけで、楽しんでいただけたでしょうか〜。

また、そぞろにお話していきますね♪

REMI
サイキックセンス : comments (6) : trackback (x)
コメント
1990年10月に3が言うのはドイツの再び統一する日で、西ドイツのコール首相と東ドイツの莫徳羅首相は締結して条約を統一する時ブランドスーパーコピーを携帯しました。
このように尊重の原因の中の一つを深く受けられて、それが150の工程の製造するかばんを通るのです。手作りの精製してなるかばんに変えてと少なくとも6時間でなければなりません。
ブランドスーパーコピー : URL : : 05/Oct.2013 [Sat] 16:21 : pGzTuE0A
時計が基本的な表示の状態がある時、しっかり押さえた後に3秒間はとき放して、ウブロスーパーコピー必ずやかましい時間数はきらめいて、必要の時間まで異動になって、同時に注意して、午後記号は要求に合います。分けてきらめいて、調子は必要まで(へ)分けて、再び押して、回復して正常に幸運です。必ずやかましい時間が学校が終わったことを加減した後に、スクリーンの右上の必ずやかましい記号は自動的に置いて入ります。
高級ウブロスーパーコピーの激安通販ショップ!!オメガ.ロレックス.ブレゲ.ロージンなど品揃え 世界最大級です
ウブロスーパーコピー : URL : : 21/Oct.2013 [Mon] 15:10 : 5Bxgryf2
日本で最高品質のスーパーコピー時計,Rolexコピー当店の誠実と信用は取引して、品質は至上ですhttp://www.jpwatch369.com/product/p1/

日本スーパーコピーロレックスGMTマスター_人気ブランドN級品優良店,RolexGMTマスター高品質の追求、品質保証、超N品を良心価格で提供します!http://www.jpwatch369.com/product/a1/
スーパーコピー時計 : URL : : 15/Feb.2015 [Sun] 18:30 : Mj1Rctbs
★2015最高等級新しい商品大量入荷! , ブランド時計コピー 規品と同等品質のブランドコピー品を低価でお客様に提供します http://www.jpwatch369.com/
ブランドコピー : URL : : 27/Feb.2015 [Fri] 10:49 : 5RcwXQmI
ウブロのブランドが必要で、注意します!当店、ウブロ専門店。 hublotwatch777.com ウブロコピー販売. 当店はウブロコピー商品専門ネットショップで、私達は長年の実体商店の 販売経験を持って
http://www.hublotwatch777.com
ウブロ : URL : : 07/Mar.2015 [Sat] 11:00 : yTcvrjcw
HUBLOT 時計
http://www.brand-sale.com/%E3%82%A6%E3%83%96%E3%83%AD-1.htm
CHANELバッグ実物写真
http://www.brand-king.net/Product.asp?BigClassName=56&SmallClassName=279
ウブロ時計コピー
http://www.shop080.com/%E3%82%A6%E3%83%96%E3%83%AD%E6%99%82%E8%A8%88%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC_%E3%82%A2%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%B3.htm
HUBLOT 時計 : URL : : 17/Apr.2015 [Fri] 1:27 : ecxO57ck
コメントする









本当に感動的なフィンランド体験でした★6月に再訪。準備を始めなくちゃ♪です
オイスターパーペチュアル>6/06
最高のスーパーコピーロレックス>2/26
クリエイティビティ、ビジュアライゼーション、シンクロニシティ、そして「現実化」
HUBLOT 時計>4/17
ウブロ>3/07
ブランドコピー>2/27
横 312 pixel 縦 150 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 356 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。