Rev.REMI-旅する魂のスピリチュアルBlog

地球と宇宙を旅する魂のつれづれエッセイ、スピリチュアルメッセージ
Dec/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
宇宙を書いて?
もうすぐ2歳になる娘が、ペンやクレヨンを持ってきて、これを書いて、というそぶりをしながら、「シェシェ(なぜかうさぎのことをこう呼びます)。シェシェ」とか、「アンパン!アンパン!(アンパンマン書いて、という意味)」とか、よく言ってきます。

で、今朝はなぜか「うちゅー」「うちゅー」というので、「え、宇宙?宇宙を書くの?」と繰り返し聞くも、そうだという雰囲気で「うちゅー、うちゅー」。

そうか〜と思い、星やうずまき銀河をかくと、それでよい満足じゃという雰囲気。またしばらくして、別の色のクレヨンを持ってきて「うちゅーうちゅー」というので、また別の色のクレヨンで、キラキラの星や、図形を書くと、どうもそれで満足〜という雰囲気。

そして、そのあとミルクを飲んで、寝てしまいました。

うちゅーを飛んでる夢でも見てるんでしょうか…*^^*

月曜日の、そんなひとときでした。

今日は午後から娘の持病の定期検査で、病院に行ってきます〜★

REMI
ベビちゃん・育児ばなし : comments (x) : trackback (x)
ママ、アトピーについて勉強中!
アトピーについて勉強中!


友人宅でブルーベリーを食べまくる娘 ^^;


娘(1歳7カ月)がアトピーで、生後3か月くらいから、アレルギーとアトピーという面に関して言うと、ずうっといろいろ大変です。

「塩がいい」「水がいい」「○○が」ステロイドの使用の是非や、漢方治療、とにかくたくさん情報があります。

けれど、なぜアトピーが起きるのか(遺伝性であることがしばしば説明され、しくみは説明されるのですが、ほんとのところなぜそうなのか、根本的に何をしたらいいのか、がよくわからない。で、あら、コレかしら。と思えることが見つかりつつある気がしているのです)

アトピーは大変ですね。アレルギーも。私自身が皮膚は敏感なんですが、アレルギーやアトピーがなかったのですが、アレルギーやアトピーをお持ちの方やそのご家族の気持ちや大変さが、いま、すごくよく分かります。よかれと思っていろいろなアドバイスをされるときの気持ちも、よく分かります。一方で、当人としては、役立つ情報ならありがたいもの、とはいえ、情報はいつも、ほとんどの場合、断片的。

娘が、かゆくて、足首や手首をかきむしって血が出て、大泣きするのがつらくて、一緒に泣いてしまうこともありました。

しっしんが体中にできるのを見ながら、なんとかできないものか・・と、思いまして、漢方治療や、いろんなことも組み合わせつつ、やってみていますが、すこし良くなったと思うと夏になって悪化したり、ほんとうにたいへんです。スイスでも水が変わったり、漢方治療をしつつあったけれど、ちょっと大変な経過を体験したりと。

そして一通り、言われている治療を試しつつ、なんとか根本的な解決方法に辿りつきたいと思っていたのです。



いろんな要素が関わってくるので、一辺倒ではできないことだけは、これまでの経験でよく分かりました。根本的な理解をして、そして生活のあらゆる側面にわたって対処するものであるということも、よく分かりました。

で、求めよ、さらば与えられん・・

答えが、与えられたような気がしました本日です。

よしっ 頑張ってみるぞ。

と、気持ちも新たに。1〜3カ月くらいかけて。

これがうまく行きましたら、きっとどこかにアトピー情報としてまとめて掲載したいと思います〜。

ちなみに、これまでしてきたことでもありますが、多方向から取り組もうと思っていて

水(我が家は以前から飲み水はものすごく気を使っていましたが、お風呂の塩素については今からです)、

皮膚スキンケア(漢方の生薬、入浴剤、クリームも併用しつつも、試してみようと思っている足浴がありまして)

体質改善(乳酸菌など腸内環境を改善することも含め…ヨーグルトはアレルギーなので使えませんが別のもので。)

栄養はもちろん、食事(アレルゲン除去食で和食・野菜中心にはしていましたが、アレルギーもちの娘のために、いっちょすこし本など買ってやってみますか。と…)、

そして大事なポイントと思われる活性酸素対策。・・・同時に、アレルギーでカルシウム不足を補う食事、魚や豆腐だけじゃなくて、カシューナッツなんかも。ミネラル・ビタミン、ポリフェノールなんかも。

そしてもちろん、クリスタルも催眠もリフレクソロジーも併用して(^^)

自宅(ベランダ)でブルーベリーとかちょっとした野菜もつくれるかなぁ。

これはちょっと大変ね。ベランダガーデニングは、超・気長なプロジェクトということで!

がんばるぞー!

REMI
ベビちゃん・育児ばなし : comments (x) : trackback (x)
右脳で記憶するってこんな具合
子供と過ごしていると毎日が超忙しくまったく自由時間はないといった感じですが、とっても刺激的です。先日赤ちゃんの右脳での記憶の速度や仕組みってどんなふうだったっけ〜はっきり体感したいな〜と思っていたところ、そんな体験が訪れました。

クインテットという、子供番組がありまして、クラシック音楽を中心に、さまざまなジャンルの音楽や音楽をテーマにした内容や、音楽つきのおもしろおかしい、あたたかくておかしくて、でも愛と優しさいっぱいの、人形の寸劇があり、最後に必ずクラシック音楽のコンサートがあるという、とってもいい番組があります(私は大大ファンです。最初に演奏を聴いたとき、こんな音楽を演奏する人たちは何だ?!それも幼児番組で?!日本にそんな人たちがいるのか?!と本当に驚いて、すぐにDVDを購入しました。ちょうど子供用のいい音楽番組ないかな〜と思っていたところで、今年の2月に偶然見つけたのでした。アンサンブルベガという集団で、阪神大震災を契機に、宮川あきらさんが中心となって発足したすばらしい演奏を聞かせてくれる楽団です。繰り返しちゃいますがわたくし大ファンです)。その番組のなかに、あいうえおから、いろはにほえとちりぬるを・・・までを、楽しく歌う曲があります。その歌でで、私にとっていつも聴きとれないし覚えていない、ブラックスポットみたいな部分がありました。

いろはにほへとちりぬるを、わかよたれそつねならむ…まではよいのですが、「ういよ」、「おくやまけふこえて」あさきゆめみし、えいもせす・・・最後のあたりがあやしくて、毎回言葉がすらすら出てこず、画面に出てくる言葉をあとから読む…という状態でした。「」でかこった部分などは、なんと言っているのかすら聞き取れないありさまです。聞き始めた当初は、分からないところは一緒にむにゃむにゃいうか、歌いませんでした。

しばらく聞かなくなって、ちょうど「子供が右脳で自然に大量に記憶するという感覚をもういちどはっきり実感したいなぁ」と思ったタイミングで、ひさしぶりにまた、その歌を一緒に歌ってみる機会がありました。

その日は「これだけ何度も聞いているのだから、脳の中には絶対にインプットされているに違いない…とすれば頭の中には入っているはずだから、今歌ったら、するっと出てくるかも〜♪」と思い、「考えたり記憶をたどる」ことをせず、ただただ一緒に歌ってみました。

そうしましたら!いろはにほへと・・・が、ちゃんと最後まですらすら出てくるではありませんか〜!!

聞きとれていない、覚えていない、と思っていた言葉が、難なく口から出てきました。あらーびっくり。ここは聞き取れないし覚えられないな〜と思っていた部分も、ちゃんと頭に入っていて、するすると口から自然に出てきたのでした。

英語の教材には聞き流すだけ!いうものがありますが、そういう仕組みなのでしょうね〜(私は使ったことありませんが)。外国語も、赤ちゃんは母国語として小さい頃から聞いていれば、自然と口をついて出てくるので、外国語を学ぶときも同様の環境にすればよい、ということはよく知られています。

というわけで、ちょっと脱線しましたが、右脳的に大量の情報を記憶する、赤ちゃんや子供の記憶力や学習能力って、日々情報のシャワーを浴びている状態で、自然に覚えてしまっている…ってこういう感覚なのね〜〜、と感心しきりな出来事でした。

そういえば、英語を学んでいるときも、苦手だったリスニングが3カ月目くらいから、突然聞き取れるようになったり、よく聴いている言葉は自然と口をついて同じようなイントネーションで出てくるもんねぇと、昔の記憶を思い出しました。通訳の勉強をする方は、シャドウイングといって聴いたものをそのまま繰り返すという練習をするそうですね。それらも右脳的な記憶のし方、学習方法なのでしょう。

なので、忙しいので、ながら聴きでもやってみようかな〜などと思いました。ディケンズのオーディオブックなんかいいかもしれませんね〜。

そして、そうそうこんなことがありました。赤ちゃんや子供は、やさしいですね。食べ物や食器を繰り返し落とす1歳4カ月の娘をぴしっとしからなければと思い、しかったとき、娘が泣いてしまい、その反動で、私が隣のリビングで、うう〜とつっぷして泣いてしまったことがありました。

するとしばらくパパと遠巻きに私の様子を見守っていた娘が、心配そうによってきて、しゃがみこんで、わたしの頭を撫で、肩をぽんぽん、としてくれたのです。これにもまたもや泣けてしまいました。

本当に、まいにち、いろんなことが起き、日々学ばせていただいています。
ありがたや、です*:・゜`★

REMI
ベビちゃん・育児ばなし : comments (x) : trackback (x)
ベビと音楽と・・・
赤ちゃんは家族(まずは母親)の感情、行動、口調、態度、などなどをコピーします。
セラピストやカウンセラーの養成講座で、たくさんお話することですが。本当に(笑)

現在、ベビちゃんがハイハイしたり、つかまり立ちするようになり、とにかくなんでもかんでも口に入れるしで、ますます目が離せず、ひゃー大変!!な毎日です。そんなわけで、我が家の大掃除・大整理を急ピッチでしていて、それがなくても毎日、床やらベビの手の届くところを、せっせと拭き拭きしています。

で、よくベビが、遊びながら、シャッシャッとティッシュやウェットティッシュを外に出して遊んでいます(下の写真の椅子の下に山盛りになってるのがそれです)。で、好きなだけおだし☆と思いつつ、ベビが出したウェットティッシュを、せっかくなのでこれ幸いとばかりに、拭き掃除にせっせと使っているんですね。おかげさまで、こまめに拭き掃除するようになりました。

最近は、そうやって掃除しているのを見て、ベビが手伝ってくれるのです。



こんな感じ。これ自分でやってるんですよ〜(やらせ写真ではありません・・・)真似して始めたのがきっかけ。。

上の写真とは別に、先日の日曜日も、数日かけてようやく片づけた納戸の床を、拭き掃除していました。そしたら、ベビちゃんがやってきて、一所懸命に拭き拭き拭き拭き・・・。

一緒にやってくれるのですが、とくに「床拭き」を続けていると、無理な姿勢で疲れるのか、途中からうえーうえーと半泣きになって、それでもひたすら拭き拭き、してくれます…。

泣くほど頑張らなくていいよ!無理しなくていいよ〜やらなくていいのに〜!(笑)と言いつつも、つい笑ってしまうのですが…。生まれて10カ月なのに、一所懸命真似してお掃除するその姿は、とってもかわいくていじらしい…のだけど、ホント無理しないでいいんだから。と言いたくなります。

親の背を見て子は育つと言いますが…

お腹にいるときには年間プログラムの各セミナーのテキストをまとめたり、チャネリングを手伝ってくれた、ベビちゃん。とても集中力があるようです。(でも、私よりもう少しハッキリしていて、強いというか、すこし短気な性質のようなのが若干心配・笑)

最近、絵本やひらがなの文字に嬉しそうに反応して、おもちゃ箱から出してめくったりしているので、本も好きな模様です。それから音楽も好きで、生まれてからずっと歌ったり、節をつけて話したりしています(私がなぜかものすごくそうしたくなることで分かるのですが)。

先日オペラのCDを聞いていたら、そのCDが途中で音飛びしたのです。そうしたら、それまで普通に遊んでいたベビちゃんが、突然スピーカーのほうに顔を向けました。音飛びしたのを聴いて、ん、ちょとなにかヘンよ!と気づいた模様。

それは、ただ環境に音が鳴っている、というわけではなくて、秩序だって構成された音を聴いていて、そのなかで異常があるとそれを感じ取る。音楽を一応、流れのあるものとして聴いているということですね。なるほどぉぉぉぉと思いました。

お昼寝前後の時間帯によく聴いているのが、ブラームスのヴァイオリンソナタです。雨が続いたので、そういえば「雨の歌(ヴァイオリンソナタ)」を聴こう、と思い立って、それから1週間くらい、またブラームス続きでした(ヴァイオリンソナタでよく寝る気がします)。その前は、交響曲を聴いていたのですが、ちょっとドラマチック過ぎてお昼寝時には向かないようです、当たり前か…(笑)

ブラームスは、別の音楽ブログでも書きますが、ディケンズ(英文学)のような人間愛を感じるんですよね、優しさ、あたたかさ、人間の愚かさ、苦悩、せつなさなど、人の情感の彩り豊かな表現などなど…。

ですが、ブラームスだけでなく、チャイコフスキーブームも戻ってきました。私はヴァイオリン協奏曲も大好きでしょっちゅう聴いているのですが、聴きながら、ベビちゃん抱っこして部屋の中をくるくる回ったり、曲にあわせて踊ったり、手をたたいたりして遊んでいます(この曲で?と思われるかもしれませんが…まぁ音楽ならなんでもいいのかもしれません…)。

チャイコフスキーは本当にすごい。そして、ナポレオン軍のロシア侵攻のときの、過去生ビジョン(私個人のではないのですが非常に印象深かったので)との関連もそのうちどこかでまとめてお話します。チャイコフスキー。すごいです。ものすごいお勧め映画(久しぶりに号・涙!)もあります〜。

あ、のだめもいいですよね。チャイコフスキー、チアキさまが指揮してました。でも、のだめはコンサート映画みたいにして「クラシック音楽をポップに楽しめる」映画で楽しかったのですが、今回みた、お勧め映画は、これはもう深くて素晴らしくて、保存版でDVD買おうかと夫と話しているくらいです(たぶん買います)。

チャイコフスキーと言えば、サイモン・ラトル(指揮)&ベルリンフィルの「くるみ割り人形(チャイコフスキー)」絵本つきCD・DVDが発売されました。8月頃に発売のお知らせが来て、まだかまだかと待ちわびておりました。ようやく発売。早速、注文しました。届くのが楽しみです♪このチャイコフスキー、何がすごいって、私の長年のお伴、リベラの合唱つき!このCD,ラトル指揮、ベルリンフィル演奏、チャイコフスキーのバレエ曲、リベラの歌、それに絵本つき!!くるみ割り人形!すごい!これはもう世界のクリスマスプレゼント賞2010ですね!(そんな賞ないけど勝手に授賞!)

夏にあまりクラシックを聴きたいと思わないのだけれど、やっぱり涼しくなった途端にクラシック聴きたい病になります。シーズンなんでしょう。ホルモンもバイブレーションもクラシックに同調。私の体調、とても分かりやすいです。

いまは、ヒラリー・ハーン演奏のバッハのシャコンヌや2台のヴァイオリンのための・・・を聴きながらこのブログを書いています。バッハはいいなぁ。そして、母の影響を受けてバッハと言えばシェリング!とばかり聴きがちだった私ですが、最近、最近の(生きてる)人(ヴァイオリニスト)でいい人いないかな〜と試聴で探したら、とってもいい、ヒラリー・ハーンを聴いています。あ、日本人でも素晴らしい方がいらっしゃるんですよ。海外にお住まいのようだけど。日本ではあまり知名度は高くないようですが・・・

さてヒラリーハーンに戻って、若いのに老齢な魂ばりばり感じさせるこの方、すごいです。本当にすごいなぁと思っていたら、ご両親が合唱をしていて小さい頃からバッハが家で流れていた、とライナーノーツに書いてありました。ふむ!なるほど〜。魂の計画って素晴らしいですねぇ。

いい音楽、いい音、いい波動を浴びながら育つって、とてもとても大事。私の母は、家でずっとモーツァルトをかけていたそうで、祖母の家にいくとクラシックか、叔父が聴いていたシカゴなど、父はギターを弾いて歌っていたので、いろんな種類の音楽が生活の中にありました。

いろんな種類の音楽が好きなのは小さなころからの影響が大のようです。シカゴもイーグルスもザ・バンドもピーターポールアンドマリーも、リチャード・クレイダーマンも大好きで聴きましたよ!皆、親の影響ですが…でも、エアロスミス、ボンジョビ、ガンズアンドローゼズ、モトリークルーも大好きでした。マイケルジャクソンもマドンナも聴きましたね〜。

でも、小学校の時から好きで、最初に買ったカセット(!)は、グーニーズのサントラ(シンディローパー!)と、アメリカのドラマ「マイアミ・ヴァイス」のサントラ(フィルコリンズ!そのときからファンで聴いてます…)などなど・・・長距離の旅行には、必ず持って行って、車の中で聴きまくっておりましたっけ。音楽って、いいですね。尽きません。

そのうち、音楽のお勧めCDのところも、更新しなくっちゃ。音楽ブログも書かなくちゃ。交響曲、協奏曲、お気に入りの音楽も、素人の独断と偏見で、また紹介しちゃいます〜♪

お休みなさい☆
ベビちゃん・育児ばなし : comments (x) : trackback (x)
にゃんこが・・・


昨日は、アセンションのためのヒーリングセミナーの2日目が終わり、とても眠くなったので夜早めに寝ました。すると、めずらしく娘が2時過ぎに目覚めて泣くので、起きて授乳(今月からミルクだけに)をしたのです。

主人が小部屋のデスクで寝てしまっていたので、声をかけにいくと、おきてきた彼が猫を見て「おたま(猫の名前)の様子がおかしい」と言いました。実は、1ヶ月前くらいから弱っていて、ずっと気になっていて、おたまを一度見てもらうために病院に連れてってね。という話をしていて、ベビちゃんと猫を両方みるのはきびしいので、彼にお願いしていました。

でも、長毛種で最近毛玉をとってあげておらず、シャンプーもできていなかったので、彼が先週シャンプーをして、毛玉をとってくれ、今週末に病院に連れて行くという約束をしていました。えさも、病院専用の腎臓サポートの療養食をあげていたのですが、先日もうすこし食欲が出そうなものに変えたのですが、それもあまり食べず・・・

昨夜(早朝)は様子があまりに変なので、夜中から明け方にかけて、おたまにヒーリングをしました(サイキックサージャリーで自分がおたまの腸のなかにはいり、便を押し出すイメージ)。ヒーリングし始めるとおなかがゴロゴロなり、便意を催すのか、よろよろと立ち上がって排便しようとします。でも出なくて、また移動したり、丸くなったりして、元気がありません。朝4時半ころ、ひとおりいまできるヒーリングは終わったと思い、ガイドに託して、ベッドに戻って眠りました。

主人があまりに急に弱弱しくなったので、土曜日を待たず、午前半休をとって病院に連れて行くことにするよと言ってくれました。明けがた、今朝の仕事を休むための手配を終えて・・・

朝起きてみると、久しぶりに便が出ていました。これには本当にほっとしました。でも、もっともっとたまっているはずでした。様子は相変わらずおかしいし、急に衰弱した様子だったので・・・

病院で、レントゲンや血液検査などいろいろな検査をしてもらいました。
結果が、本当に驚きました。

心臓病と、肺水腫だというのです。腎臓結石と尿路結石があるのは数年前から分かっていたのですが、こちらはそんなに緊急の問題ではないそうでした。が、心臓病と肺水腫のほうは、突然死もありうると・・・。そんなことになっているとは・・・。心臓の動きが弱まって、ポンプがうまく働かず、肺に水がたまってしまっているとのことでした。

ベビちゃんが生まれてから、私たちはベビちゃん最優先になってしまっていたのですが、おたまは、遠巻きから静かに見守ってくれていたのです。ベビちゃんにちょっかいも出さず、ベビちゃんが泣いているときはそばにいてくれたり。いいお兄ちゃんだね、おたまちんてすごいね、と感心ひとしきりでした。でも、出産のため入院して、1月1日にベビちゃんが生まれて半年間、おたまはとっても寂しかったに違いありません。。。

私もずっと、おたまがかわいそうで元気がないな、でもいま目の前のベビちゃん(ベビちゃんも心雑音があるので経過観察中)が優先とばかりに、なかなか、ゆっくりかまったり、世話をしてあげる時間がとれなかったのです。。。

病院では先天性ということもあるのでといわれ、原因が後天的なものではないという見方ですが、心臓、肺は、ハートチャクラです。ハートチャクラの症状や病気は、悲しみや寂しさといった感情が原因です。久しぶりに号泣です。実は、前から気配は感じていたのですが、日々の忙しさや家事、しごとで精一杯で、後回しにしてしまったのでした。悪いな悪いなと思いつつ・・・

おたまの誕生日は、6月23日(蟹座)。夏至の頃です。今週・来週はとくに、できる限りおたまに時間をかけてあげなくてはと思っています。

(ちなみにマーガレットのお誕生日は6月24日で蟹座。私の周りには蟹座がたくさんです。父も、主人も蟹座、私の月の星座も蟹座。)

先生は、心臓肥大はよくなるものではないのでケアしながらつきあうしかない、突然死もありえる、といいますが、、できるヒーリングはしなくちゃね。そうじゃなかったら何のためのヒーリングスキルなのか・・・

おたまがいつワンネスへ還るのか今の時点では分かりませんが、ともかくできることは精一杯やっておかなくちゃ、と思います。ひとまず今日は、ある意味では境目の日であったと強く感じます。2時半に目をさました娘にも、セミナーが終わってタイミングを待って発作を起こしたようなおたまちんにも、午前半休で病院にいってくれた主人にも感謝です。さらに、木曜日の昼前後に、市の福祉公社から家事ヘルパーさんに来ていただいているのですが、その方から「今日いけなくなってしまってごめんなさい」留守電が入っていたのです。こちらも早朝からバタバタして大変なことになっていたので・・・本当にすべてがタイミングよく。

そんな近況報告ですが、改めて、家族のケアを大切にしなくっちゃ。

そう思いました。
ベビちゃん・育児ばなし : comments (1) : trackback (x)
本当に感動的なフィンランド体験でした★6月に再訪。準備を始めなくちゃ♪です
オイスターパーペチュアル>6/06
最高のスーパーコピーロレックス>2/26
クリエイティビティ、ビジュアライゼーション、シンクロニシティ、そして「現実化」
HUBLOT 時計>4/17
ウブロ>3/07
ブランドコピー>2/27
横 312 pixel 縦 150 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 356 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。