Rev.REMI-旅する魂のスピリチュアルBlog

地球と宇宙を旅する魂のつれづれエッセイ、スピリチュアルメッセージ
Dec/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
【写真】旅の始まり・・・もとっても素敵
成田空港のチェックインカウンターから素敵。
「あなたの魔法の旅が待っている」と。




機内の映画や番組も、ホビットももちろん、
007、アムール、ライフオブパイと、それはそれは楽しみ放題^^



機内の安全案内も、エルフ、ドワーフ、ピータージャクソン監督までが出演で、旅の楽しさを盛り上げる。素敵なキャンペーンだわ〜NZ.



NZ空港に着いたら、これまたトールキンワールド全開。



ミドルアースへの窓口。



旅人よ、汝の夢が待っている。




映画ホビットにでてくるドワーフ王国の彫像のようでございますね 空港にて。




この先の旅の写真もちょっとずつ公開していきます♪
旅の写真 : comments (1) : trackback (x)
先週末帰国しました・・☆


こんばんは、暑いですね。

先週末金曜日に帰国しました。

スイスの旅行の話は

・子供を連れての旅行
・子供の適応力(^^)
・旅程やあちらでの毎日
・スピリチュアル的に
・スイスの見聞録


などなどいろいろできそうで、書き始めるととっても時間がかかりそう!

というわけで、ニュースレターでお話しますのと、
講座でお話しますのと、
時間があれば、ブログでお話しますね。

本当に楽しくて、意義深い、旅でした。
そして、娘にとっては本当に天国のような!環境でした。

大好きな猫が7匹もいて、毎日ごはんをあげたり、すりすり頬ずりしたり、遊んだり。
牛にえさをあげたり、庭を駆け回ったり、家の中にある階段を上ったり下りたり。

友人宅は広くて、お庭も大きく、裏庭にブルーベリー、ラズベリー、イチゴ、赤いベリーなどいろいろとなっていて、娘は毎日そこに行っては、食べ放題もぎもぎもぎ取って、ほおばっていました。

娘にはアレルギーがありまして、乳製品、卵、パン、バナナ、生のトマトなど食べられないものが多いので、食べ物にいろいろと制約があります。そんななか、家庭菜園の野菜やベリー類をたくさん食べさせてもらえたのは本当に嬉しいことでした(写真はその庭でなったベリー、娘の午後のおやつ☆)。

そして友人が娘用にチーズ抜きのリゾットを作ってくれたり、娘の大好物のブロッコリーやカリフラワーを毎日のようにオーブンで料理して食べさせてくれたので、本当にありがたかったです。パンが食べられない、チーズが食べられない、乳製品ヨーグルト、卵が食べられない・・・となると、洋食というか、海外はなかなかハードですね!しかし家ではご飯や野菜を料理したり、お呼ばれしたときなどはポテトや野菜、パスタ、ハムやソーセージで乗り切りました〜。

私はアレルギーが全くないので、娘のアレルギーで初めていろいろと勉強中?といってもたいして勉強はしていませんが、日々いろいろと工夫中です。

というわけで、ヨーグルトで顔がパンパンにはれて、目があかない!皮膚がむける!という状況になってしまったときはあせりましたが、ベルンという首都を観光中にちょうど古〜い薬局を見つけて、ホメオパシーのクリームと、レメディを購入。

アレルギーとアトピーがあるので、漢方と合わせて、ホメオパシーを使用して、なんとか沈静化しました〜。ほっ。

娘は情緒面でも運動面でも、一回りもふたまわりも成長したように思います。
投げキッスもできるように!笑 なって帰ってきました。
人みしりがかなりあった娘ですが、いまや誰にでも手を振り、初対面の人にも物おじせず…
ハイ バイ ハオ〜(ハローのつもり)と単語もいくつか。

と、言う感じで、いくらでも書いてしまいそうなので、また〜。

子連れの旅行、工夫次第で楽しくできますね!
これも素敵な大発見でした♪

ひとまず、皆さまに、帰ってきました、のご報告です。

そして、9月には皆さんに新しいプロジェクトをお披露目できるはず!
というか、お披露目するために、春から、引き続き頑張っております〜っ
どうぞ、お楽しみに〜♪♪

REMI
旅の写真 : comments (x) : trackback (x)
ポストカード


♪沖縄で撮ってきました♪

デジカメで撮った写真を、ポストカードにプリントしたもの。

明日のミニワークショップ発表会で、ご参加の皆さんにお配りしますプチ・プチギフト♪

どれになるかは、お楽しみ〜にしましょう♪

REMI
旅の写真 : comments (48) : trackback (x)
ようやく遅い夏休み、休暇に行ってきました


ようやく家族の夏休みがとれ、7周年記念&子供が生まれる前の水入らずの旅行に行かなくっちゃ!ということで、沖縄の、石垣島&小浜島に行ってきました。

子供が生まれるとなかなか静かな時間を過ごすのは難しそうだしということで、今回は「何もないところで、何もせず、ひたすらのんびりする♪」というテーマで、静かなヴィラに滞在することを決めました。

(上の写真は、リゾートのなかで、よく見ることのできた蝶でした。早朝、メインダイニングの前の花に蜜を吸いに・・・きれいな蝶で、たまたまデジカメでとてもキレイな光いっぱいの写真を撮ることができました^^嬉しいです〜)

沖縄の小さな離島のヴィラで休暇(遅い夏休み)を過ごしたのですが、いろとりどりの花々、チョウ、カモ、クジャク、コウモリ、ヤドカリ、ヤモリ、牛、馬、ネコたち・・・すてきな登場人物(?)、エメラルドグリーン色の海を日がな1日眺めたり、白いサンゴや貝を拾ったり、心身ともに完全OFF&リフレッシュしました*^^*

沖縄は初!な我が家ですが、何が素晴らしいと言えば、やはり海の色!





石垣島も初日に訪れて、川平湾ではグラスボートに乗ってサンゴ礁やきれいなおさかなを見て、かわいいにゃんこ家族達(2ファミリーで10匹くらい)とまったり過ごし、至福の時間でした。いちばん小さな子猫が、私たちがさしている傘の下、足もとで雨宿りして過ごす・・・萌え〜萌え〜でした。

好きな写真が撮れたので、ちょびっと皆様にお披露目してみました♪他にもたくさん写真があるのだけど、そのなかから数枚だけ★ すぐ下の、飛んでる猫は、ちょうちょを捕まえようとして、2度ほど大ジャンプを繰り出しました。

その瞬間を激写したもの(笑)もう1回ジャンプして、ここには載せていませんが、その瞬間もカメラに収めました。





その下の、トラ柄ちびにゃんこは、旦那さんの下、私の足元で、スコールのような雨が降るあいだ、雨宿りをしていました。かわいすぎです。そして



南国らしい、アダンの木。奄美大島でひたすら絵を描いた昭和の画家、田中一村の絵(好きなのです)に出てくるのを見ていましたが、ホンモノを見たのは初めて。アダンの実は、天ぷらになるようで、島やさいの天ぷら、すごーく食べたかったのだけど、食べそびれちゃいました。(味はたけのこっぽいのだそうです)

島には、まったり色んな生き物が一緒に暮らしているのね〜という感じで、にゃんこに限らず、萌えまくりの我が家でした。

夜になるとぴょこっと出てくるヤモリもかわいいかったし、最終日にちゃんとお見送りしてくれたカモ達も、屋根の上で雨シャワーを堪能しているクジャクも、ふさふさのえりまきつきの大きなコウモリも、カタツムリも、「私はここにいません」風に隠れるヤドカリも、皆かわいかった〜



ビーチで、旦那さんが貝を拾い始めました。私も一緒になって、サンゴや貝を集め始め・・・収穫祭ということで、テーブルの上に広げてみました*^^*

ひとつひとつ形も異なって、色も、微妙に違います。それがまた一緒に集まって、キレイなのです。これが以前生きていたサンゴだと思うと、とても不思議な気持ちになります。



そしてかわいいカモたち。旦那さん曰く「お給料はごはん」ということで、彼らも働いているスタッフ(笑)まったりと道路を横断しながら出勤し、皆でご飯をもらったあと、芝生に出て、おしごとおしごと・・・



わたしたちの足元で雨宿りしていた、きじトラ柄の子猫。
お母さんに毛づくろいしてもらって、うっとりな様子がまた、かわいすぎます。

生き物っていいですね。互いに調和して、ひとつの意識で生きている。
にゃんこのマイペースさ、とらわれずに今を100%生きている姿、たまりません。

生き物や自然も、つねにワンネスの一部であって、いろんなことを教えてくれます。
素晴らしいタイミングで、素晴らしいメッセージを運んでくれるもの。
また、そんな体験談もいろいろコラムに書いていかなくちゃです*^^*
たくさんあって、どこから手をつけたらいいかな〜という感じですが^^

ひとまず、萌え&まったり写真で、初の沖縄報告、でした。

おやすみなさい★

REMI
旅の写真 : comments (0) : trackback (x)
シャスタでネイティブアメリカンのドラム(太鼓)を作る


2007年2〜5月まで、シャスタにお仕事で滞在しておりました。
5月末に帰国の予定でおりましたが、その5月初旬のことでした。ひょんなことからネイティブアメリカンの太鼓を作っている女性に出会いました。作り方を教えてくれて一緒に作ってくれるというので、自分用のドラムを作るのもよい経験だなぁ!と思い、お願いしました。

彼女を訪れると、屋外の作業場に案内されました。まずはネイティブアメリカンの儀式から、始まります。東西南北のスピリットに感謝をささげ、準備をします。儀式はそれぞれの方向を向いてお祈りをしたり、瞑想をするのですが、さっそく自分がエルクを追いかけて山を走っているネイティブアメリカンの若者の姿が見え、その後メディスンマン(ヒーラーのおじいさん)になってテントのなかでヒーリングを行っている姿を見ました。
それから、アニマルスピリットのトラ(ヒョウ?)が現れました^^

実際の作業も、屋外で行います。木の枠(これは買ってくるそうです)があって、そこにエルクの皮を張ります。エルクの皮を選んでちょうだいと言われ、わたしはクルミのカラで染めて、模様をつけてある皮を選びました。

40〜50センチ四方くらいになっている皮を、台の上に広げます。きれいな波型の円形に切るための線と、糸を通すための等間隔の穴の位置を、鉛筆で印づけていきます。そしてその線に沿って皮をハサミで切っていきます。印のあるところに、糸をとおす穴をあけていきます。パンチングばさみみたいなもので、きれいなまんまるの穴をあけるのですね。

皮の真ん中に、木の枠をおいたら、木の枠を包むように、糸で縫って(編んで)いきます。皮をピンとはりながら、均等に、たがいちがいに糸で編んでいくのですが、素人には一人ではぜったいにできないワザ…と感じました^^;達人のガイドと技があってこそ。すごいなぁ!

そうして達人の技に感嘆しつつ、編みあがった太鼓を乾燥させます。しっかり乾くと、皮がぴんと張って、たたくと音が出るようになるというわけです。しばらくそれを屋外に放置するのですが、その間に「ドラムをたたくためのスティックを選んでちょうだい」と言われ、屋内の部屋に案内されました。そしてスティックを選んだのち、壁にやけにきれいな羽がかけてあるので、あれは何ですか?と聞くと、ネイティブアメリカンの「スェットロッジ」などの儀式をするときなどにつかう、邪気を払ったりなどする「羽」だそうでした。(名称は忘れました…)

私は儀式をすることはありませんが、その羽があまりに綺麗だったので、太鼓とスティックと一緒に、その羽も分けていただきました。それで、羽のアップの写真です^^
(長くなりました…)クジャクの羽を使っているのですね。

おもしろいことに、彼女と一緒に、出来上がった太鼓をよく見てみると、そこにはなんと「2匹のエルク」が現れているではありませんか!角をおたがい触れ合わせているかのような、仲むつまじい、大小のエルクの姿です。驚きました。まるで隠し絵のようです。
その写真を今度撮って、アップしますね(まだ撮ってない…)

さてさて、おもしろいことに、あとから気づいたのですが、たまたまこの太鼓を作った日は、私がシャスタを去る予定の1週間前(5月)のことでした。

対象的に、シャスタに到着してちょうど1週間たったある日曜日(2月)のこと。その日は満月で、夕方になって、「このまま帰るにはすごーくもったいない」という感じのした日でした。同じようにその雰囲気を感じていた知人のHさんが、水を汲む場所につれていってくれました。

すると、そこに2人の女性がいて、同じようにお水を汲んでいました。その2人の女性はこれからスウェットロッジ(ネイティブアメリカンのスピリチュアルな儀式)に行くところで、私たちもどうか、と誘ってくれたのです。

Hさんも、シャスタに着いたばかりの私を連れていこうと気遣ってくれ、「今からならまだ間に合うと思うけど、行く?」と聞いてくれました。すかさず「行きたい!」といい、急いで家に戻り、タオル、着替え、水のボトルなどを持って、彼女の運転する車に飛び乗りました。スウェットロッジについては聞いていたし興味はもっていたけれど、こんなに早く体験できるとは!わくわくです。シャスタからのウェルカムだわ、さっそく素敵な歓迎ねぇ!と感激でした。

わたしがシャスタに到着する前日から、大雪が降ったそうで、ロッジやその周りにはまだしっかり雪が積っていました。美しい満月の光に照らされた林のなか、裸足で、冷たい小道をロッジに向かって歩きます。

ロッジの前では、大柄な女性が、羽とセージの火をつかって、ロッジに入る人をひとりひとり、清めています。わたしのすぐ前を歩いていたHさんも、火で清めてもらったあと、ロッジのなかに入っていきました。

私の番になり、その大柄な女性が私のまわりにセージをかざしながら、何かを唱えました。すると、くすぶって煙を出していたセージが突然、勢いよく燃え上がりました。突然ボッと音をたてて炎が大きく現れたので、女性は「OH!あなたはなにかパワフルな精霊を連れてきたのね」と言い、私たちがその日スウェットロッジに参加するということをとても喜んでくれました。

おもしろいことに、1・2カ月たって、そのスウェットロッジに参加していたという町の有名な老齢(80歳くらい)の女性が、私に教えてくれました。「この間のスウェットロッジは素晴らしかったわ。日本人の女性がきたのよ。素敵な歌を歌ってくれたの。その回はなにか、いつもと違って、とても特別な感覚があったの。なにか特別なものを運んできてくれたのよ。ほんとうに、素晴らしかったわ」と感動を込めて語ってくれました。そして「あぁ、私も参加した回のことですね、その歌はふるさとという歌ですよ」と答えると、「あらっ、ひょっとしてあなたはそのときの?」と、再びの出会いを喜んでくれました。

ロッジのなかは暗いため、ひとりひとりの顔はあまりよく見えません。しかもロッジが行われたのは夜だったので、いかに満月の月明かりが明るかったとはいえ、初対面のそれも12〜3人いる人の顔を見分けることは難しかったでしょう。わたしもそのときの参加者の顔をほとんど覚えていませんでした。ですから、そんな町中で、そのときの参加者に直接感想を聞くなどとは思ってもいなかったので、なんだかふんわりと嬉しくなりました。

スウェットロッジのなかでは、霊的な交流があったのを自覚していたのですが、それを他の人も感じていたとは知りませんでした。私は初めてそこに行ったのですが、スピリットガイドが一緒にいたこともあり、スウェットロッジ自体も彼らのやり方も初めての体験でしたが、私のスピリットの中心の場所では、初めての感覚はまったくしませんでした。

というわけで、ロッジのなかにいた人のなかで、エネルギーに敏感な人が、わたしというよりはスピリットガイドの存在を感じ、そのような何か特別な感覚を覚えたのだなぁ、ということが分かりました。

さて、スウェットロッジにつれていってもらったその日は、シャスタに到着してから、1週間目の日でした。そして満月。「入山歓迎、1週間の儀」といったところでしょうか。ロッジの後、本当に自分のエネルギーがシャスタに入って本当に落ち着き、フィット&アジャストした感じになりましたし、時差ボケもその日を境に、きれいに解消!

そして、まったく計画していたわけではないのですが、「太鼓」を作ることになった日は、シャスタを離れるちょうど1週間前だったのです。「山を降りますさようなら、一週間の儀」といったところでしょうか。この符号に気付いたのは、太鼓を作るため、太鼓名人に儀式をしてもらっているとき。

なるほど!
これが、シャスタで私をさまざまな不思議な体験に導いてくれた、ガイドらしい計画&演出だったのね。と、とても腑に落ちたのを覚えています。

シャスタに滞在した3か月の間には、本当に語りつくせないほど、たくさんの楽しい経験がありました。シャスタ在住の日本人の素敵なお友達には、「REMIちゃんほど楽しんで、あらゆる経験しつくした人っていないんじゃないかしら!」と言われてしまうほど…。本当に盛りだくさん!です。その中でも、ほんの1つの思い出をお話してみました^^;

なぜ突然、この話になったかというと、ちょうど5月にコラム(ホームページに掲載の)を更新したのですが、ブログに最近写真がなく字ばかりでさみしいので、カラーの写真を載せたいなぁと思った次第です。それで、せっかくだからコラムに添えた写真のエピソードを紹介しようかな〜と思ったわけです。それで、こんな長い話になってしまいました(汗)

シャスタにはまだまだフシギで、おもしろい、濃い、またはスピリチュアルなエピソードが山のように。しかし、全部を語るのは大変なので、またちょこっと気が向いたら、写真とともに、お話していきますね。

最近ホームページからのお問合せや、受講された皆さまとのレポートなどのやりとり、セミナーのテキストの準備、質問やお返事など、立て込んでいて、なかなか手の回っていないところもあります。ブログにもなかなか手が回りません。。そういえば、先日は、まぐまぐの、メルマガ読者1万人以上の発行者さん(おお!すごい)から、相談の連絡がありました。最近、いろいろな経緯いというか経由でご連絡をいただいたり、大きなイベントのスクールブースに出展しませんかとかいろいろなご連絡をいただくようになりました。興味深いです。8月には、馬橋にあるヒーリングスタジオでの催しにお呼びいただいて、それにはお邪魔する予定です^^

というわけで、ちょっと時間があいて、気が向いたので、一休みがてら思い出話と写真をお送りしてみました。

そのうち、また別の写真をお送りします♪

ではでは、お休みなさい!

REMI
旅の写真 : comments (1) : trackback (x)
本当に感動的なフィンランド体験でした★6月に再訪。準備を始めなくちゃ♪です
オイスターパーペチュアル>6/06
最高のスーパーコピーロレックス>2/26
クリエイティビティ、ビジュアライゼーション、シンクロニシティ、そして「現実化」
HUBLOT 時計>4/17
ウブロ>3/07
ブランドコピー>2/27
横 312 pixel 縦 150 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 356 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。